収入の青天井を狙う

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は株のメリット・デメリットについてお伝えします。

FXにも通じるものがあります。

 

株で儲けるというのは投資ですが、ビジネスの一つと考えた方がいいでしょう。

 

株は技術だ!

 

私が学んだ先生がいつもおっしゃっていました。

だから、再現性がある

 

世の中の投資で上手くいっていない人はこの感覚がないのではないでしょうか。

 

結局は

株を買っている人がいて、売っている人がいる。

その心理戦の攻防を繰り返している。

 

様々なトレンドの流れを読み、人の心理を窺い、エントリーする。

 

決して、偶然の産物ではない。これが本物。

 

株のメリットについて言及する。

 

①一人でできる

②利益の上限がない

③税金が安い

 

この3つが挙げられます。

 

ビジネスだと利益をだすために、

様々なスキルが必要となる

 

事業資金をひっぱってきたり、人をマネジメントしたり、営業先と交渉したり

多大なストレスを抱えながら、走る必要がある。

 

起業した後に、たいていの人は走り続けないといけない。

多くのマネジメントをしながら、走り続ける。

それを、起業地獄と呼ぶ人もいる。

 

起業で本物の金持ちになろうと思ったら、事業を大きくして、

売却するだったり、

上場したりと

手が離れるところまで持っていく必要がある。

 

ビジネスというものはその人の個性の体現であり、

成功するところまで持っていくのに千差万別である。

そもそも上場する企業は3/1000くらいと言われており、

企業の五年生存率は15%程度 十年生存率は6%程度と

90%以上の企業が10年以内になくなっています。

成功し続けるというのはかなり難しいということです。

 

そして、経営者の資産額というものは、多くの場合、

会社の時価総額の持ち株の割合で示される。

 

例えば、ソフトバンクの時価総額が8兆円くらいとしたら

孫正義さんが20%の持ち株を持っているとして、1.6兆円の資産を持っている計算になります。

しかし、これはその同額の現金を持っているというわけではありません。

 

トレーダーについては違います。

全てキャッシュ。現金で持っています。

 

株式投資は税金が得られた利益の20%徴収されるのみである。

普通の給与では

年収2000万では所得税率33% 住民税で10%

いきます。

 

年収4000万だと所得税率40% 住民税で10%と半分が税金でもっていかれます。

 

合法的に節税していかないと本当に手元に残りません。

 

しかし、株式投資で得た利益は20%の源泉徴収で済みます。

 

これはタックスヘイブン地域と同じような税率です。

 

もともと株式投資の利益はキャピタルゲインと呼ばれるものであるからです。

キャピタルゲインとは、資本・資産の収益の増大で利益を出すものです。

1000万で買った不動産が2億で売れたなら、その差益がキャピタルゲインであり、

税金は20%かかるというものです。

なぜ安いのかというと、キャピタルゲインというのは

不確定なものであり、偶発的なものであるからです。

 

それを生半可高く設定すると、翌年には大損しているかもしれない。

だから20%にしておきましょうよ、という話です。

 

そして、利益の上限はありません。青天井です。

投下する資本が大きければ多いほど、利益が多くなります。

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-TAKEBE_selfy.jpg

 

 

①一人でできる

②利益の上限がない

③税金が安い

 

この3つが起業にはない、株式投資の大きなメリットです。

 

逆にデメリットは何かというと

8時間投下してもマイナスになる可能性があるということです。

8時間、働いたら時給1000円なら8000円プラスです。

株式投資だと負けるとマイナスになることがあります。

 

そのリスクを回避するために、様々な努力をするわけです。

 

株式投資は時間に比例しないということです。

そこで利益をだせるか、損失をだすか

 

トレーダーの腕が問われるところです。

 

攻めの技術として、株式投資・もしくはFXの技術を持つ

 

というのは最強です。

 

私は日々攻めの技術と、守りの技術に費やしています。

 

資産を守るのは全て自己責任、自分の力です。

 

日々精進

 

ドクターパートナーシップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪育ちの現役産婦人科医・投資家。株式会社Dr. Partnership 代表取締役。産婦人科医院開業準備中。「豊かな人財を家庭内教育で輩出する」をテーマに産婦人科治療に関わりながら、Financial Plannerとして医師を中心に、家族で将来のために堅実に投資する「家族投資」を提案しています。主に医師・看護師・助産師・サラリーマン・経営者の方々のプランニングをしています。資産運用・漫画・旅行・グルメをこよなく愛しています。