購入したばかりなのに空室がでました・・・

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

つい先日、私の持っている物件に空室が出てしまいました・・・

この物件は購入しても一年も経っていないにも関わらずです。。。

 

とても残念なことなんですが、2週間で契約が決まってしまいました。

しかも、法人さんが契約してくれたのでとても安心です。

CMも行っているような、皆さんがよく知っている法人さんの社宅になりました。

 

正直私の物件で、空室はあまり心配しておりません。

新幹線の駅が徒歩数分であるような好立地だからです。

 

そもそも、購入後一年も満たないで空室になってしまったのには訳があります。

それは、購入時は民泊がOKだったために、入ってくれた企業さんだったのですが、

購入後に民泊禁止になってしまったためです。

 

実は、民泊のせいで近隣住民からのクレームがでてしまっていたのです。

とてもうるさかったみたいです。

私の持っている物件は格式高いところなので、居住者たちが心安らかに生活できるように民泊は禁止したのです。

 

なので、すぐに出て行ってしまったのですが、好立地が幸いし、賃貸の動きにくいと言われる閑散期の7月末にも拘わらず2週間で埋まってしまいました。これが繁忙期であれば、一瞬だろうなと思います。

 

このような一件を経験してわかったことがあります。

それは、民泊をすることで優良な居住者が離れていくということです。

実際、私の部屋が民泊を行っていたことで、その下の階の居住者が嫌になり、出て行ってしまったのでした。。。非常に申し訳なかったです。

 

しかも、部屋の回転率が速くなるので、部屋の傷つくスピードも速くなっていくと思われます

マナーの悪い旅行者にあたってしまったら、余計に部屋は汚くなるでしょう。

 

なので、民泊が入らない住居の価値はこれから上がっていくことになるでしょう。

その点、私がお世話になっているデベロッパーには非常に安心・安定の管理をして頂いているのだなと感じました。

 

旅行者の増加に伴って、ホテルの部屋が足りないという状況になっています。

それを補うのが民泊ですが、これから民泊をする物件と民泊をしない物件にわかれていくでしょう。

 

民泊をする物件はそれで儲けたらいいでしょう。

逆に民泊をしない物件は、居住者の住みやすさが守られるので、逆に家賃があがっていくかもしれません。

 

どちらにしても、好立地の部屋を持つというのは非常に強い財産になると痛感しているところです。

物件のポテンシャルは本当に大事だなと。

 

私は立地にこだわりまくっています。利回りは今はそんなに高くありませんが、これからどんどん安定資産に変わっていきます。

 

ポテンシャルの高い安定性の高い物件を持つことはこれからの時代、かなりの強みですね。

空室遅るるに足らず。

ばしばし資産構築を進めていきます。

 

次回はポテンシャルの高い物件の条件について検討してみようかなと思います。

 

ドクターパートナーシップ

 

 

 

投稿者: ドクターパートナーシップ

大阪育ちの現役産婦人科医・投資家。株式会社Dr. Partnership 代表取締役。産婦人科医院開業準備中。「豊かな人財を家庭内教育で輩出する」をテーマに産婦人科治療に関わりながら、Financial Plannerとして医師を中心に、家族で将来のために堅実に投資する「家族投資」を提案しています。主に医師・看護師・助産師・サラリーマン・経営者の方々のプランニングをしています。資産運用・漫画・旅行・グルメをこよなく愛しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中