漫画中毒をやめられた理由

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は私が漫画を読むことをやめた話をします。

 

いきなり何?と思う人もいるでしょうか。

 

私にとっては漫画というのは子供の時から自分の哲学を形成するのに大きな影響を与えたものです。

私にとっての最初のインフルエンサーは漫画の作者でした。

どうして、こうも泣かせる物語をつくれるのか、、、としみじみ考えたものです。

 

中学・高校時代は漫画・ゲーム・小説などの物語の世界に没頭していました。

驚くべき時間と情熱をそこに投資していたものです。

現実世界から逃避したかったのか、自分の苦しみを解決する手段を求めて物語の世界に浸っていたのか。。。

社会人になっても一緒です。

 

毎週、少年ジャンプ、ヤングジャンプは欠かさず読み、ネタばれサイトを真っ先に見に行き、

ベンチマークしている漫画の単行本が発刊されればすぐに買いに行く。

 

読んだことある漫画も、大人買いして読み直す。

大事な試験前にも関わらず、睡眠時間を削って読みふける。

ただただ物語の世界に没頭する・・・

 

私自身痛感していました。ビジネスをやるうえで、漫画をやめることができた時が自分が成功に踏み出す瞬間だと。

 

私は常に何かに投資してきました。

講座などの自己投資、不動産、保険、証券、貯金などなど。

 

ある成功した経営者のコンサルティングを受けた時に、

投資を学んでいる自分は投資家を育成するビジネスをすればいいという結論に至ったのを皮切りに、更に深く投資を学び始めました。

 

その過程でもまだ漫画を読むのは続けていました。

1日30分から1時間を1週間ならした時に漫画に使っている感覚です。

やめられない。

 

その時は自己を正当化するために、こう考えていました。

「漫画を読むことで、人の感情を動かす思考回路を手に入れるんだ」

何事も生産的なものにつなげたいがために、こう考えていました。

 

しかし、漫画を読むだけで時間は失われていきました。ハマると、その日やろうと思っていたことを全て投げ出して、読み進めてしまいます。

漫画中毒です。

タバコやお酒みたいなもんですかね。

タバコもお酒もしませんが、漫画を読まないと精神が安定しない状態でした。

 

そんな折に、不動産投資の本を読み進めることがありました。

ある不動産投資家が不動産投資で成功するために100冊の本をまず読んだと言っていたので、私も実践してみようと読み始めたのです。

 

恥ずかしい話、私は不動産投資を行って数年経過するのに、不動産投資の本を読むというのがあまりなかったのです。専ら人から学ぶ方。

 

いざ、読み進めると、面白い面白い。

不動産投資への確信がさらに沸きました。

それに伴い、感情の変化が起こったのです。

 

「もっと勉強したい」「投資のことがもっと勉強したい」「それを人に伝えたい」

 

こんな感じです。

 

私はそれまで毎日欠かさず漫画を読んでいたといっても過言ではありませんでした。

漫画が精神状態を安定化していたのかもしれません。

 

今はそれが、「投資」のことを勉強して、発信することにとってかわったのです。

 

今は投資を勉強しない日は気持ち悪くて、いても経ってもいられません。

発信しないとどこかで発信するタイミングをみつけようと必死に探したりします。

 

何なんでしょうね、これ?

今まで中毒だったものがやめられた理由は?

 

リスクを負っている自分への責任感?

しかし、トータルで数百万の講座に入会したときもこうはならなかった。

 

単純に、もっと「好きなことができた」「情熱を捧げられるものができた」ということかなと思ったりしています。

 

投資のことをもっと勉強したい。時間が欲しくてたまらない

という状態なわけです。

 

そして、

今まで、漫画に時間を投資していましたが、「投資」のことを学ぶのに時間を使う方が、感情的にも、実社会的にも投資のリターンが高いとすとんと体と心が理解してくれたのかもしれません。

 

漫画中毒から「投資中毒」にかわっただけかもしれません。

 

でも、これでいいです。

やっとこの状態になれました。

あとは中毒になるくらい好きなことを情熱をもってやり続けるだけです。

 

昔は毎日漫画を読んで、精神的に成長していきたいという気持ちでした。

今は毎日投資の勉強をして、学んだこと・経験したことを発信するのが楽しいという状態です。

 

何かをやめられないときは、とって代わる対象を見つけて、その中毒になるのがいいかもしれませんね。

 

以上です。

本日もありがとうござました。

 

ドクターパートナーシップ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪育ちの現役産婦人科医・投資家。株式会社Dr. Partnership 代表取締役。産婦人科医院開業準備中。「豊かな人財を家庭内教育で輩出する」をテーマに産婦人科治療に関わりながら、Financial Plannerとして医師を中心に、家族で将来のために堅実に投資する「家族投資」を提案しています。主に医師・看護師・助産師・サラリーマン・経営者の方々のプランニングをしています。資産運用・漫画・旅行・グルメをこよなく愛しています。