両手に華 女性よ輝け

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日はもと同僚の女医さん二人と久しぶりに食事をしてきましたよ。

写真はメインディッシュの一番高い、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み♥

一人は独身で一人は結婚していて子持ち。

二人とも生き生きと楽しそうにしていました。

 

 

女医という生き方は高収入が確約されている代わりに、その代償なのか男が寄り付きにくい。

私的にはもし嫁さんが医者なら、生活は安定するので、全然いいと思うのですが、

なかなか世の中の男性は女医さんにはいかないようで。。。

 

結婚できない女医さんの多いこと多いこと。

責任ある仕事を若い頃から任されますので、なかなか日常で外にでかけて、お相手を探すことが難しいみたい。

休みの日も日々の診療の疲れを癒すために、ゆっくりしていることが多いとのこと。

そりゃあね、一日働いて、そのまま当直して、その翌日も普通に通常業務とか普通だし、休みたくなるよね。

そして、その対価として収入は普通に高い。

若いころから、一般サラリーマンよりも収入をもらっています。

 

結婚相手は医療者が多いですね。やはり男性医師が多い。

結婚する人は学生の頃か社会人数年でするのが多いかな。

 

30代超えてくると、より仕事が責任を増し、面白くなってくる時期でもあるから、

余計に出会いの時期を逸してしまう。

気付いた時には30歳後半。

それくらいの時期になると、仕事もひと段落して、自分を振り返ることになる。

 

あれ、自分の人生このあとどうしよう・・・

 

そうなってしまうんですね。

気付いたら、自分が高齢妊娠の領域に入り、自分が男性を探してもある程度メンタルブロックがかかり、妥協することも難しい。

 

そりゃあね、高収入になれたら、相手にもある程度求めますよね。

金銭感覚が違いますから。

 

そして、困ったとこに、良い男性医師というのは若い時に結婚していることが往々にしてある。

もちろん、結婚していない素晴らしい男性ももちろんいますが、

売れ残っている男性医師というのは、何かしら「?」という点もあるわけです。

(あくまで医療業界の話です。それ以外の業種はまた違うと思いますが)

一般の男性のところに行こうにも、男性側も30歳後半で、高収入の医師で、となると

尻込みもするのではないでしょうか。

 

ある交流会で女医さんと一般男性の交流を見ていましたが、男性側も気を遣ってしまい、

恐縮している感じになっています。

 

そりゃあね、相手は第一線で働く「先生」ですから尻込みするのもわかります。

それをとび越える魅力がその女医さんにあり、なおかつ男性側が幸せにしたいと強く思えるポイントを見つけないと結婚には至らないですよね。

 

何が言いたいか?

 

「女性の若さ」というのは、やはり大きな武器になります。

それは、男性側がこの人と一緒に歩み道がイメージできるからです。

アラサーであれば、この人と家庭を築き、子供をつくり、一緒に歩いていくイメージが男性側に沸きます。そして、狙ってくる男性の年齢層も多様です。若い人も初老の人も狙える。

 

35歳過ぎて、アラフォーになってくると、狙う男性の年齢層がぐっと上がりますよね。若い人は狙いに行きにくいでしょう。ハードルがある。あと、産婦人科的な視点では、子供がつくりにくくなるので、そこも不妊治療のリスクとか知っている人なら、そこで尻込みもするでしょう。

それくらいの年齢になってきたら、女医さんはプライドが高くなればなるほど結婚するのは難しいのでは。やはり愛嬌、愛想はものすごい大事だし、男性を立てることもできる方がやはり良いでしょう。一般的に。

 

この人はとても魅力的だな、と思われないと何も始まりません。

若い人は、「若さ」だけで人が寄り易いのですから。

 

私の同僚はアラサーですが、一人はしばらくお相手がいません。

とても可愛い子なのですが、一緒に働いていたときはとても忙しく、プレッシャーのある現場でしたので、ピリピリしていました。

それも食事の席で振り返っていましたね。

 

「当時はほんとよく怒ってた。ほんと怖かったと思う私の事。それくらい私がやらなきゃ!という気持ちになってたわ」

 

こんな風に自分がしてきたことを振り返り、反省する姿は素晴らしいですね。

 

女医さんは収入があるので、やはり華やかです。

高級なものも身に着けるし、体のケアも怠ってない。

「華」があります。

 

自分を振り返り、改善していこうとする姿はとても素晴らしいと思いました。

できるなら、誰かがその子の心を射止めて欲しいなと思います。

 

私の考えですが、女性の「華」は、結婚して子を宿し、母になり、子育てしていく中で、更に磨かれていくものだと思うからです。

 

年相応に思考と振る舞いを洗練していくこと。

それは男性にも女性にも大事なことです。

 

魅力的な女性は美しいです。

魅力的な女性が多いほど男性は嬉しくなるものです。元気づけられるものです。

魅力的で輝く女性が増えれば増えるほど社会は活性化していきます。

魅力の華を咲かせ続けていきましょう。

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ

投稿者: ドクターパートナーシップ

大阪育ちの現役産婦人科医・投資家。株式会社Dr. Partnership 代表取締役。産婦人科医院開業準備中。「豊かな人財を家庭内教育で輩出する」をテーマに産婦人科治療に関わりながら、Financial Plannerとして医師を中心に、家族で将来のために堅実に投資する「家族投資」を提案しています。主に医師・看護師・助産師・サラリーマン・経営者の方々のプランニングをしています。資産運用・漫画・旅行・グルメをこよなく愛しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中