出国税検討開始!これからの資産運用で意識すべきことをお伝えします。

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

出国税が検討開始されましたねー。

観光立国に向けて、どんどん舵取りしています。

 

本日はこの国の政策を受けて、どのように安定した資産形成をしていけば良いのか考えて行こうと思います。

 

そもそも観光立国とは・・・

国内の特色ある自然環境、都市光景、美術館・博物館等を整備して国内外の観光客を誘い込み、人々の落とす金を国の経済を支える基盤の一つにすること

 

です。

国の資源をお金に変えていく国家を挙げてやっていく事業になりますね。

 

観光庁のホームページを見てみると・・・

「 観光は、我が国の力強い経済を取り戻すための極めて重要な成長分野です
経済波及効果の大きい観光は、急速に成長するアジアをはじめとする世界の観光需要を取り込むことにより、地域活性化、雇用機会の増大などの効果を期待できます。さらに、世界中の人々が日本の魅力を発見し、伝播することによる諸外国との相互理解の増進も同時に期待できます。
訪日観光の振興と同時に、国内旅行振興も重要であります。そのため、地域が一丸となって個性あふれる観光地域を作り上げ、その魅力を自ら積極的に発信していくことで、広く観光客を呼び込み、地域の経済を潤し、ひいては住民にとって誇りと愛着の持てる、活気にあふれた地域社会を築いていくことが観光立国には不可欠です。」

http://www.mlit.go.jp/kankocho/kankorikkoku/ より抜粋

 

国の大事な方針として、観光業は間違いなく、これからもずっと伸びていく事業になります。

外国から来てくれた旅行者たちが、日本の良さ・魅力を感じ、それを周りに伝えることで魅力が伝播し、また新しい旅行者たちが来てくれる、リピーターが来てくれる。

そんな循環が大切ですよね。

 

国は2020年に訪日外国人客を4千万人に増やす目標を立てているので、今後、さらに国は力を入れていくので、外国人はさらに訪日するのが予想されます。

東京オリンピック・大阪万博・カジノなど様々なイベントが目白押しです。

来日するネタはたくさんあります。

 

その中で「出国税」導入の検討が開始されました。

出国税とは・・・

石井啓一国土交通相は12日、2020年に訪日外国人客を4千万人に増やす目標を達成するための財源として、日本から出る人に課す「出国税」を含めた新しい財源確保策を検討すると表明した。
出国税は豪州で導入されており、韓国などにも似た制度がある。他にも外国人客に限ったメキシコの「旅行者税」などがあり、こうした海外の制度を参考にするとのこと。

朝日新聞より抜粋
http://www.asahi.com/articles/ASK9D332XK9DULFA007.html…

 

オーストラリア、韓国、メキシコにも出国税の仕組みがあるみたいですね。

 

本日の読売新聞のこの記事も参考にして見ましょう。

IMG_9103.JPG

 

この記事に書いてあるのは、

訪日客数を2020年に4000万人、2030年に6000万人に引き上げる政府の目標がある。

その目標達成のために、高い次元の施策を推進していく必要がある。

観光庁が新たな財源の検討を始めた背景には、訪日客の急増で、受け皿整備が追いついていない現状がある。

例えば、観光地での公衆無線LANや、様々な言語で表示された案内板の少なさだ。

財源を工面してこうした受け皿の整備に使う。

対象は海外に出る日本人と日本から他国に出る外国人である。

現時点で、その日本人と外国人を合わせると年間4000万人いる。

一人1000円集めると400億円になり、2016年度の観光庁の予算の2倍となる。

出国税を導入すると旅行者が減るのでは、本末転倒だという意見もある。

 

 

要約するとこんな感じです。

私的には、導入しても良いかな?という感じですね。

賛否両論ありますが、それで新たな旅行者に良いサービスを提供できるようになるのであれば、アリだとは思います。

 

1000円を徴収するだけで、400億円になるのなら、全然良い。

日本で生活していたら、ランチ代くらいじゃないですか。

わざわざ物価の高い日本にくるくらいの外国人が1000円のために行くのをやめるかというと・・・やめるくらいの人なら、日本に来てもお金をそこまで落としていきませんよね。

国の戦略としては、お金をたくさん落として欲しいというのが目的なのだから、多少旅行者が減っても、それで国内の環境が充実するのなら、旅行者の満足度が上がり、質のいい旅行者がたくさんやってきてくれるかもしれませんよね?

 

お金を落としてくれる旅行者が沢山くればくるほど国は潤いますから、その方向で行ってくれるのであれば、私は賛成です。

 

日本が再生するためには、観光はなくてはならない事業なので、どんどん新しい試みをしていって欲しいですね。

 

そして、このような国を挙げての背景の中で我々一般人はどのように資産形成をして行くべきなのか?

 

もちろん、不動産関連ですね。ビジネスとしては旅行業も良いと思います。

 

旅行者が増える地域は地価が上がりますね。

旅行者が増えると宿泊施設が足りないところが出て来ます。

大阪は今後、どのようなシチュエーションになっても部屋が足りないと言われているのです。

部屋が足りてないとどうなるか?

 

民泊が盛んになって来ますね。

民泊が盛んになってくると、家賃を上げて行く流れになると思います。

何故ならば、需要がたくさんあれば、わざわざ利回りの低い固定賃貸者に貸すよりも、日利で回せる宿泊業の方が効率が良いからです。

民泊をするマンションが増えれば増えるほど、一般の人が普通に住める部屋はなくなっていきますね。

そうすると、普通に住めるマンションの家賃は上がっていきます。

当然でしょ。

普通に住めるマンションの方が、治安は良いし、環境は綺麗だし。

旅行者が入れ替わり立ち替わりくるようなところは騒がしくてしょうがなかったりすることもあると思います。

実際、私が民泊業者に貸し出していた部屋は周りから苦情きて、一人出ていきましたから(^◇^;)

それで、私のもつマンションは民泊が禁止になりました。

そのような事情もあるわけです。

 

今、大手の不動産会社がどんどん物件を買っています。

これはカジノ・民泊を見越してのことだと思っています。

一般投資家では太刀打ちできない領域になっています。億単位の物件をキャッシュで買うとか無理でしょ。

 

日々、不動産のシェアは大手に持って行かれているのです。

この現状の中で、優良不動産を購入できるルートがあります。

私は日々仕込んでいます。不動産を買うために日々準備しています。

それくらい本気になった方が良いです。

 

国をあげての政策なんだから、乗っからないと乗り遅れると思います。
まだまだ不動産や旅行業は活性化していくのではないかと予想します。

 

ボケボケしていると5年後、10年後、後悔しますよ。

チャンスは目の前に転がっているのに、チャンスに気づかない人ばかり。

チャンスはチャンスの顔してやってこないのです。

悪魔の顔してやってくることもあるのです。

 

世の中魑魅魍魎の類の話が多いですが、私は本物の資産しか手を出しません。

目の前の利益を追いかける人は将来身を滅ぼします。

安定した本物の資産構築に興味がある場合はご連絡ください。

資産運用のお手伝いをさせて頂きます。

 

ドクターパートナーシップ

億万長者との旅行!億万長者になるための秘密をお教えします。

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は、先日に平日の真昼間から旅行をしてきた話をします。

Amazon総合一位のベストセラー「お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか」の著者、ミリオネアコンサルタントの鳥居祐一先生のご企画された大人遠足>千葉房総 豪華海鮮グルメ満喫ツアー に行ってまいりました!

 

鳥居祐一先生の本です↓

スクリーンショット 2017-09-11 06.24.12.png

(Amazonより引用)

パーソナルブランディングの第一人者としても活躍されている先生です。

 

いやぁ、、、とんでもなく濃厚な一日でした。

そこで億万長者になるための秘密を知ってしまいましたのでシェアします!

まずはざっと一日の流れを写真つきでお伝えします◎

 

平日の朝7時に品川集合したのですが、大の大人が平日から40人も集まっていました 笑

鳥居先生はその集客を個人のメルマガだけで集客しているのです・・・

その時点ですごいですが、皆さんの経歴をお聞きしていると、

経営者、個人事業主、独立しようとしているサラリーマンなどなど、普通のツアーではなかなかお目にかかれないような方々ばかりでした。

先生のメルマガのお客さんばかりなので、良いエネルギーを持った人たちばかりでした✨

 

朝ごはんに「つみれ汁」を頂きました。体が芯から温まり、消化を助けてくれそうな感じ^^

IMG_8929.JPG.JPG

 

そして、バスは走り、まず1回目のクルーズです。

海中の光景が綺麗に見える船にのり、魚たちが美味しそうに餌に食いつくのを眺めていました。

 

IMG_8939.JPG.JPG

陸に上がったあとはこだわり抜いて作られた「アクアメロン」畑に行きました!

24時間体制で大事に大事に育てられた「アクアメロン」

千疋屋では10000円する高級ブランドでは現地では3000−5000円で購入することができ、みなさん激安なので買いまくりでした◎

 

IMG_8950.JPG.JPG

よく冷えたジューシーなメロンにしゃぶりつき、皆さんほっこり笑顔☺️

ここで、鳥居先生の計らいで前回の知覧の旅に行かれたリピーターさんたちに5000円ほどするメロンがプレゼントされたのです!太っ腹です。何人もいたのですが、全員にプレゼントです。。。

これがリピーターをうむ心遣いか、と勉強になりました。

 

そして、次は海のそばでお待ちかねの豪華海鮮浜焼きです^^

IMG_8961.JPGIMG_8964.JPG

多くは語りません。激ウマです。

生きた伊勢海老を丸焼きにして食べました。伊勢海老を3匹も頂き、大満足!

その他新鮮な食材を焼いて、美味しく頂きました。

ここでも皆さん、笑顔笑顔^^

会話も弾みます。

 

食後は蜂蜜だけで味付けされたロールケーキを頂き、蜂蜜屋さんにも行きました。

甘いものは別腹ですな!

みなさんお腹いっぱいだったはずが、むしゃむしゃソフトクリームを頬張ってましたよ。

IMG_8970.JPG.jpg

 

次に向かったのは房総半島の目玉である日本寺の大仏さんです。

私は今まで千葉にこんなところがあるなんて知らなかったです。。。

千葉はディズニーしか行ったことがなかったので。。。

すっごく素敵なところでした!

IMG_8971.JPG.JPG

FullSizeRender.jpg 3.jpg

ロープウェイに乗って山を登ります。

山から見える眼前の海の景色が素敵でした。

さて、ここからがアドベンチャーの始まりでした。。。

 

ここは秘境か!?と思えるほどの崖と森

IMG_8976.JPG.JPG

そこを抜けると・・・

 

目の前に崖に挟まった大仏さん発見 笑

IMG_8977.JPG.JPG

かなり巨大。江戸時代に寄付を元に20年かけて作られた遺跡群です。

そして、次は山を降ります。

もう山あり谷あり。想定していなかった山登りが始まってしまいました。。。

靴擦れした足にはきつかった 笑

山の中にはいろんな顔をしたお地蔵さんたちが出迎えてくれました。

1500体いるそうです。圧巻。

IMG_8992.JPG.JPG

良い汗かいて、カロリー消費して、山を抜けると・・・

IMG_9005.JPG.JPG

目の前にとんでもなくでかい大仏さんが鎮座しておられました!

でかすぎ。

この巨大な大仏さんに会うためにここまで頑張ったのですね。理解しました。

あまり日本寺を理解していなかった私。

頭の中は汗でびっしょりになった体をなんとかしたい!という気持ちでいっぱいでした。

 

そのあとはなんという心遣いか、温泉まで付いていたのです!

良い運動の後の温泉って最高すぎます✨

皆さん、良い感じで疲労されていたので、温泉でかなり癒されていました。

男風呂はまさに裸の付き合いという感じで、添乗員さんが一人一人の背中を流している姿が圧巻でした 笑

 

IMG_9009.JPG.JPG

そして、旅は終わりに近づきます。

本日2度目のクルーズ!惜しくもサンセットは見れなかったですが、

潮風に当たりながら、参加者の皆さんと穏やかに会話していました。

みなさん、良い笑顔でした^^

 

最後は、ちゃんこ鍋で有名な「玉海力」さんで食事です。

「玉海力」さんは銀座、赤坂、上海、プノンペンなどにも出店しているところなんですが、

なんとここのオーナーさんも奥様と旅に参加されていたのです!

元力士さんでいらっしゃいまして、かなりの貫禄をお持ちの方でした。

まさに成功したビジネスオーナーをされており、企業コンサルなどもやられてはります。

オーナーから20年間増収増益をする秘密を聞いたりして、なんと豪華な食事会なんだとかなり嬉しかったです。

IMG_9010.JPG.JPG

オーナーさんの本を早速注文しました!

スクリーンショット 2017-09-11 07.06.52.png

Amazonより引用

 

なんかものすごい豪華な旅でした。

お手頃な価格で本当に良い体験ができました。

お酒の席でゆっくりと鳥居先生のお話できたりと、価値の高い食事会で締めくくり旅を終えました。

この旅は先生の計らいで参加者同士が様々な方と交流が持てるように企画されたとのことです。確かにクルーズ2回、食事処も数回あり、アドベンチャーに癒しの温泉ありと様々な企画の中で、新しい方々と自然と話が弾みました^^

これはものすごく自分が企画する際に参考になります!

 

そして、私がこの旅で感じた億万長者の秘密ですが、

当たり前なんですけど、「周りに良い人しかいない!」んですね。

 

先生は仰いました「人脈づくりは自分づくり」

自分が成長していかないと、当然周りに良い人が寄ってこない。

今回は平日の朝から晩まで大人たちが40人も遊んだわけですが、そんな普通じゃない日程で、その集客はご自身のメルマガからだけ!

そんなこと可能なんですか!?と驚きます。

 

自分の方向性にあった濃厚なお客さんばかり集まるメルマガだから、このようなことができるんですね。

それは一重に、積み重ねてきたブランドが為せる技ですよね。

鳥居先生のメルマガは今現在、1412回目まできています。

 

「ローマは一日にしてならず」

当たり前のよく溢れたことわざです。

しかし、積み上げることで、1回3万円の旅もメルマガだけで集客でき、しかもすぐに満席になり、リピーターさんもきちんとくるような旅が企画できるのです。

 

巷をみていると、焦って短期でお金を得ようとしている人たちで溢れています。

そりゃあ得られないよね、と思います。

 

資産運用もそうです。私は堅実に資産を運用して地盤を固めながら進んでいます。

きちんと勉強して、信頼に足るパートナーを見つけて、歩みを進めていく。

そうやって、積み上げていく形なので、崩れるリスクが少ないのです。

一過性にお金を得ても、それに味をしめて、失う人が多いのです。

私は着実に自分の器を広げながら、長期の目線で資産を形成していきます。

 

億万長者の周りには

良い人しか周りにいないから、自然と良い情報が集まってくる。

良い情報が集まってきたら、自然と思考と行動が変わる。

思考と行動がよくなれば自然と結果がよくなる。

結果がよくなれば、プラスのスパイラルでさらに成長し、豊かになる。

 

億万長者はきっとそんなことを当たり前のようにしているのでしょう。

私も人に価値を与え、幸せにできる億万長者を目指します。

それこそが成功法則だと、この旅を通して感じました^^

 

鳥居先生のメルマガすごくオススメなので是非登録してみてください^^
http://www.yuichitorii.com/mg/

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

1億を稼ぐ方法

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は1億を稼ぐ方法について、そりゃあそうだなという方法について学びましたのでシェアします。

 

ウォール街でバリバリ金融屋さんとして活躍されていた投資のプロからお聞きした話なので、かなり有意義でした。

 

すごく当たり前の話ですが、それを必要としている人の元にしか「そのもの」はやってきません。

 

あなたは言うかもしれません。「今の現状は私が思い描いたものではない」と。

 

しかし、冷静になって振り返ってみてください。

自分の子供の頃から今まで生きてきた道を振り返ってみて今一度考えてみてください。

 

具体的に問いましょう。

「あなたは今から10年前に、10年後のあなたが何をしているか、どんな生活をしているかを想像したことがありますか?」

 

ほとんどの人は具体的に考えたことがないはずです。

考えていれば、今のあなたの不満な現状ではないはずですから。

 

私の周りを見渡してみてもそうです。

考えていることが曖昧すぎて、漠然とした未来しかイメージしていません。

 

考えていないということは、未来は今の延長線上にしかなく、今の惰性を続けた未来しか有りえないということです。

 

突然、白馬の王子様がやってきて、玉の輿に乗れるとか、

ある日突然金が降ってきたなんてことは有りえないわけです。

 

なぜか?

 

それは「求めていない」からです。

強く求めてないからです。

今のあなたの思考の現状しか目の前に広がりません。

 

あなたは否定するかもしれませんが、あなたの望むものしか目の前に広がっていないのです。

あなたの今は、「あなたの過去がイメージしたあなた」でしか有りえません。

 

今一度、振り返ってみてください。

あなたが10年前何を考えていたのか、あなたが5年前何を考えていたのか。

 

結果を出している人に聞いてみてください。

「あなたは過去に何をイメージしていましたか?」と。

大なり小なり今に繋がるものをイメージしているはずです。

 

あなたが思考することでしか、あなたの世界は拡大しません。

あなたの成長・発展はあなたの思考の精度と具体性次第なのです。

 

私がウォール街の金融屋さんからお話頂いたことは、誠にその通りなのですが真実です。

 

「1億を稼ぐ人は、1億を必要としている人だ」

 

そりゃあそうだと思いました。

 

そして、「全ては実体に収束する」

ともおっしゃっていました。

 

仮にあなたが仮想通貨や宝くじで大金を手にしたとしましょう。

あなたの実体が伴っていなければ、今のあなたの現実に収束します。

 

どういうことか?

元に戻ります。元の現状に戻ります。

むしろ、中途半端にお金を手にいれてしまって、金銭感覚が狂ってしまうと悲惨な末路になります。

 

偶然手にした力を扱いきれなければ、失うだけです。

自分の実体を近づけていかないと意味がありません。

 

だから、1億円を稼ぎたい人は、1億円を手に入れて具体的に何をしたいのか明確に持つ必要あります。

1億円稼ぎたいと言っている人に具体的に何をしたいのか問いかけても何も返ってきません。

なんとなく稼げたらいいな、くらいにしか考えていないのです。

 

イメージはなんでもいいと思います。

いい車が欲しい、いい女をはべらしたい、いい時計が欲しい、いい家に住みたい

会社をやめて、好きなビジネスで生きていきたい、社会貢献したい・・・

本当になんでもいいです。

 

それを強く願うかどうかです。

モチベーションなんて関係ないと思います。

必要なら淡々とやっていくからです。

 

試験勉強を思い出してください。

試験に受からないと前に進めないのであれば、やるでしょう。普通。

一緒です。

 

私もまだ1億を稼ぐための準備中です。

だから、私もまだまだです。

しかし、ロードマップをひいています。

遅かれ早かれたどり着きます。

 

1億を手に入れたらやることは明確に決めています。

1億はステップにしかすぎません。

その先に手に入れたいものがあるから、お金が欲しいはずです。

お金の先にあるもの。

それがあなたの欲しいもののはずですよね?

 

具体的に考えましょう。

未来を想像しましょう。

頭が熱くなって、いかれるくらい考えましょう。

それが始まりです。

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ

 

衝撃的に絶望する日本のホテル事情

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は外国人が心底失望する日本のホテル事情について書いてみようと思います。

ずばり日本には高級ホテルが全くと言っていいほど足りていません。

このままでは外国人の富裕層に見捨てられるかもしれません。

 

2007年に800万人強、2013年に1036万人だった訪日外国人観光客は、なんと2017年には2404万人にまで膨れ上がっており、今も日本を目指す外国人観光客は右肩上がりで増え続けているのです。

安倍政権は2020年に4000万人の訪日外国人観光客を目指しています。

「国際観光収入」のランキングでは、日本は2013年に世界第19位でしたが、2015年には第12位までランクを上げており、順調に「観光立国」に向けて成長しています。

 

少子高齢化によって社会保障が思い負担となっているこの国では、「観光産業」こそ大きな希望であり、国民総出でここを盛り上げていく必要があると思うのですが、衝撃的な数字に気づいてしまいました・・・

 

 

Five Star Allianceという有名な「5つ星ホテル」の情報サイトがあります。

そのデータによると、世界139カ国に3236軒の「5つ星ホテル」があります。

 

日本はどうかというと、このサイトに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。これは、ベトナムの26軒を少し上回る程度です。

 

「超高級ホテルの数なんてそんなものじゃないの??」と思うかもしれませんが、

実は外国人観光客が年間2900万人訪れているタイには110軒の「5つ星ホテル」があります。

バリ島だけでも42軒です。

年間3200万人訪れているメキシコにも93軒の5つ星ホテルがあるのです。

年間2400万人の観光客が訪れ、経済大国であるはずの日本に、タイの4分の1、メキシコの3分の1しか「5つ星ホテル」が存在しない

 

やばくないですか??? 日本の「5つ星ホテル」の少なさ・・・

明らかに、日本が国際観光ビジネスを重視してこなかったために遅れをとっているのです。

 

タイはすごいですよ。

2900万人の観光客しか来ておらず、物価水準も先進国の半分以下であるにもかかわらず、タイは世界第6位の観光収入を稼いでいます

日本はまだまだ底力があるはずです。

 

では、これから安倍政権が目指す訪日外国人4000万人が満足する観光を実現するためには一体何軒の「5つ星ホテル」が必要なのでしょうか?

 

Five Star Allianceに登録されている3236軒の「5つ星ホテル」がある139カ国を訪れた外国人観光客数は11億4907万人(2015年)ですので、

 

11億4907万人÷3236軒=35万5090人で

 

1軒当たりの外国人観光客は35万5090人と計算できます。

 

つまり、2020年に4000万人の訪日観光客を目指している日本には、最低113軒の5つ星ホテルが必要となります。2030年の6000万人だと169軒!!です。

 

そして、どれだけ国際観光収入を稼げるかを示す数字がないか探していたら衝撃的な数字を見つけてしまいました。。。

 

世界各国の国際観光収入と「5つ星ホテル」数の相関関係を分析した相関係数は91.1%です。

 

つまり、「5つ星ホテル」が極端に少ない日本は「かなりの稼ぎ損ない」をしていることになります。非常に残念です。

 

1泊数千円の宿に泊まるバックパッカーが1人来るより、1泊10万円のホテルを利用する富裕層に来てもらったほうがよほど稼げるのは当たり前です。

富裕層は、ホテルに限らず、あらゆる観光資源にたくさん支出してくれる存在なのです。

一回の訪日で2000万円、日本に落としてくれる中国人もいるくらいです。。。

 

お金持ちがもっと来たくなるようにするのが、日本においてとても重要です!!

 

恐ろしいことに、アメリカにはなんと755軒の「5つ星ホテル」があり、これは、全世界の「5つ星ホテル」の23.3%を占め、断トツの世界一なのです。

一方、フランスの「5つ星ホテル」はタイよりも少し多い125軒しかありません。

 

実際、アメリカは国際観光客数では世界一のフランスに及ばす第2位ですが、国際観光収入では圧倒的な世界一です。

一方、フランスは世界で最も外国人観光客が訪れているのに、国際観光収入では第4位に転落しています。

1人当たり観光客収入で見ると、アメリカは世界第6位なのに対し、フランスはなんと世界第108位にすぎないのです。ちなみに、タイは第26位です。

日本の国際観光収入はベスト10入りが目前まで上がってきていますが、「1人当たり国際観光収入」で見ると世界で第46位という低水準です。残念ですが・・・

 

つまり、多くのおカネを費やす「富裕層」を迎え入れる体制の差が、そのまま1人当たり国際観光収入の差になっているのです。

 

日本についてみていきましょう。

 

都市別に見ると、東京にある5つ星ホテルは18軒で、世界21位です。(すごい!)

興味深いことに、東京は観光都市ランキングでは世界17位です。

 

このように見てくると、日本には2400万人もの外国人観光客がやってきているが、彼らはそれほどお金を使ってくれていないという問題が浮かび上がるのです。

むしろ、

お金を散財したい富裕層観光客が、気兼ねなく散財できない環境である!

というのが日本の大問題です。

 

その象徴がまさに「5つ星ホテル」なのです。

せっかくお金を使うことに抵抗がない人がやってきても、安いホテルしかなければ、そこに泊まるしかありません

 

それどころか、「ホテルのしょぼいから別の国に行こう」と考える人が富裕層がいるのは、事実なのです!!

 

このような富裕層が散財できる国創りこそが、「稼ぎ損ない」を防ぎ、日本を更に盛り上げるために必要なのです。

(私は早急にカジノを設置すべきだと思います^^)

 

「観光大国」と呼ばれる国として、アメリカ、中国、スペイン、フランス、イギリス、タイ、イタリア、ドイツ、香港などが挙げられます。

それらの国の特徴として、さまざまな収入、さまざまな志向の観光客を迎え入れる環境が整っているということが挙げられます。

 

つまり「多様性」が求められているということ。

 

バックパックを背負って「貧乏旅行」をする若者やショッピングと食事目当てでやってくる近隣諸国のツアー客だけでなく、自家用ジェットでやってくる世界の富豪まで、様々なタイプのお客さんが楽しめる「多様性」を創っていかねばなりません。

 

しかし、残念ながら今の日本の観光には「多様性」がないと言われております。

それは「1億総中流社会」のなかで誰もが楽しめ、誰もが泊まれることが最も重要視されたので、あらゆるサービスが低価格帯に固定化されてしまったのです。

 

国民が楽しむだけのレジャーとしての観光ならそれでいいのかもしれません。

しかし、沈みゆく国となっている日本を再生するには「観光」が、「庶民のレジャー」であってはいけないのです。

 

国民総出で「観光」を「産業」にしないといけないと私は思います。

私はインドに2回行っていますが、彼らは本気で外国人をカモりにきていました。

街を歩いていると営業ばかりで辟易することもありました。

 

日本がそうなれとは言っていませんが、「どうやれば外国人がお金を落としてくれるだろうか?」と考えて行動する様は国民一人一人が見習うべきです。

 

もう何でもかんでも守ってもらえるような日本じゃありません。

成長できない個人・会社は置いて行かれるというのが、日本の国家戦略です。

「一部の富裕層」と「一億総下流」の二極化に進んでいる日本です。

 

人口が減少していくなかで、外国人観光客を対象とした「産業」に各人が意識的に取り組む必要があります。

日本が「観光大国」になるには、貧乏人から大富豪まで老脈男女が楽しめる「多様性」を創っていかねばなりません。

 

「5つ星ホテル」を増やすことは、日本が早急に手をつけなくてはいけない改革のひとつです。

 

実際、大阪の不動産市況では、ホテルと不動産会社の土地争奪争いが繰り広げられていますが、これは不動産を買いまくりたい私としては良い立地がホテルにとられていくのは忸怩たる思いが募りますが、国にとっては最重要の命題なので仕方ないですね。

 

そのような中で、どうやったらホテルの一部屋を所有できるオーナーになれるのかも考えています☆

 

日本はまだまだポテンシャルがある国だと信じています。

私も医療・不動産を通して観光産業に貢献していきたいと考えている今日この頃です。

どんどん世の中は進化しています。

乗り遅れないようにするので精一杯です。

 

日本を世界に誇る観光国にしたいですよね^^

 

本日は以上です。ありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

カジノ中毒で破産しました・・・

こんにちは!

産婦人科医FPドクターパートナーシップです。

 

さて、本日はカジノが日本経済を復活させる!について書いてみようと思います。

 

そもそも、マスコミはカジノ中毒がでて、日本の治安や社会的苦境に陥る人が増えるだろうと言っていますが、完全にアホですね。

 

そもそも、ギャンブル中毒は日本には無限にいますよ。

すでに日本は世界一のギャンブル大国なのです。

日本ではパチンコや競馬など国が認めたギャンブルがあります。

あるデータによると、

パチンコが 23兆2,290億円

宝くじ&ロトが1兆1,650億円

競馬・競艇・競輪 が5兆円という市場。

その総売上は約30兆億円・・・

ラスベガスでさえ総売上が1兆円で、全米全体でも9兆円。

マカオが3兆4,000億円、

シンガポ-ルが5,300億円 です。

日本のすでにあるギャンブル産業の30兆円という金額が大きいことか。

ですからIR法案でギャンブル依存症やら、治安がどうやら議論をしている国会での議論は

アホにしか思えない。何を言っているんだろうと思います。

 

ギャンブル依存症の原因というのは、ギャンブルそのものでなく、すでに抱えている社会的・精神的ストレスが原因と言われているんです。

そして、日本だけでなく世界中の富裕層がお金を使える娯楽施設を作るのも、国の第一の急務だと思います。

日本にはそもそも5ツ星ホテルが少なくて、富裕層がお金を落とす場所が少ない。

いくら、有象無象の外国人旅行客が2000万人超えようと、民泊とかお金を使わない旅行ばかりするのであれば、全然日本は潤わない。むしろ、そっちの方が治安が悪くなります。

実は私が部屋を貸し出してた企業さんが知らないうちに民泊をしていまして、あまりにうるさいため近所からクレームが入り、下の部屋の住人が出て行ってしまったんです。。。

当然私もお叱りを受けるわけですが、民泊は居住している立場からするとよくないです。

私の持っている物件は治安が悪くなるので、民泊禁止です。

それでいいのです。高級な住宅を維持してくれる方が未来は長いですから。

 

そうなんです。日本には富裕層がお金を落とす場所が少ないんです。
そして、日本の富裕層が海外のカジノでお金を落としているから、

日本にお金が回らず、日本人は富裕層の恩恵を享受できない情けない状況に陥っているわけです。
カジノは複合的なエンターテイメント施設なので、

誘致されれば、ホテルやショッピングセンター、会議場、展示場などもできるでしょう。

実際、ラスベガスなどはコンベンション需要が多いです。

カジノだけに集まるのではなく、人が集まるので、その周辺にナイトクラブ、高級料理店、高級コンドミニアムなどができてきます。

周辺産業も潤います。

もちろん、それに伴って雇用の創出もされますよね。

そして、何より治安がいい。

アメリカで夜中でも歩けるのは治安が維持されているからでしょう。

 

私も海外に行けば、あれば必ずカジノにいきます。

夜普通に歩いていますよ。皆さん。

 

カジノはギャンブルだけでなく、大人の社交場という役割もあります。

私も友人たちと行ったときは、それで楽しく興をわかしたものです。

夜遊べる場所があるというのは、旅行先ではとても重要。

財布のひもも緩むし、楽しいし!

 

なんだかんだ議論されていますが、日本にとってのメリットの方がでかいんだから、

結局、日本の上層部はカジノを設置するでしょうね。

 

実際、私が不動産を持っている大阪の「九条」がありますが、

そこが京阪電車とつながるみたいです。

ウハウハですね。地価はもっとあがるでしょう。

あー 買っててよかった!と思いました。

IMG_8534

京都と九条がつながるなんて!

何かしら交通のメリットはよくなると思って買いましたが、

それ以上でした☆

 

カジノが導入されると潤います 笑

 

カジノへの流れは止まりませんね。大阪は動いています。

大阪が盛り上げれば、私も嬉しい。

どんどん活気を出していきますよー

 

ギャンブル依存症だとかなんとか言っている人は

日曜日の朝一番からパチンコ屋の前に並んでいる人を見てから言ってほしいね。

あれこそギャンブル依存症でしょう?

 

でも、それはしょうがないと思います。

そこから、這い上がるかどうかは個人の意志ですから。

自分で選択した道なのだから、責任を持っていきましょう。

 

カジノは富裕層が喜ぶ場所、大人の社交場、雇用を創出する場所。

日本に導入されたらメリットがでかい!と私は思います。

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

あなたの現金、紙くずになるよ??

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は興味深い記事を見つけたのでシェアします。

このままだと日本人の資産は紙くずになるかもしれないよ、という話です。

 

怖くないですか?

私は今からあなたが銀行に貯金している「円」が紙くずになるかもしれない、という話をします。

将来的に、あなたが今せっせと貯めている貯金1000万が、将来その価値が500万円になっている可能性があるということです。

それはあなたが記事のように、現金しか保有していなかったらの場合です。

心して聞いてくださいね。

あなただけでなく、あなたの家族、その先の子孫にまで影響のある現実です。

 

まずは、日本経済の経過を軽く振り返ってみましょう。

 

日本ではバブル経済の崩壊から、「失われた20年」と言われたデフレ(デフレーション)時代がありました。

デフレとは物価が下がり、物価に対してお金の価値が上がることです。

この時代、株や不動産の価値はどんどん下がっていきました。ここで資産を大きく目減りさせた人も多いことでしょう。

この時代に儲けた人はどういう人だったかというと、投資をせず、現金をコツコツと貯めた人が資産を蓄えました。とくに20代~30代の人はデフレ時代しか知りませんので、貯金が一番安心と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

その後、2012年12月に第二次安倍政権が誕生し、株価や不動産価格は上昇し始めることになりました。

俗に言う、「アベノミクス」の始まりです。

2013年1月に日銀(日本銀行)は物価の上昇率を2%と定め、3月に量的・質的金融緩和を行いました。

2014年10月には追加の金融緩和を実施しました。

これらの影響を受け、2012年11月では9000円前後だった日経平均株価は2015年5月には2万円を超え、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の商業地では2013年1月の時点に比べ地価が高騰しています。

 

この状況は「失われた20年」の物価が下がり続けていたのに対し、物価が上がり、お金の価値が下がる「インフレ時代」の幕開けということを意味します。

 

なぜこうなったのでしょうか?

それは日銀が行なった金融緩和が原因です。

 

「マネタリーベース」という言葉をご存知でしょうか?

日銀の黒田総裁は2013年4月に「マネタリーベースを2年間で2倍にする」と発表しました。これは金融緩和を行い、「お金の供給量を2年間で2倍にする」というものです。

 

マネタリーベースというのは私たちの財布に入っているお札(日本銀行券)と小銭(貨幣)、それから各銀行が日本銀行の口座に預けているお金、これら3つの合計値のことを言います。

 

つまり、マネタリーベース=お札 + 小銭 + 銀行が日銀に預けているお金(日銀当座預金)

 

になります。

具体的に2013年3月の時点では

お札:82兆円

小銭:4.5兆円

日銀当座預金:47兆円

合計で134兆円

 

黒田総裁は2年間(2015年まで)で270兆円まで増やすと発表したのです。

そして、実際どうなったかというと、

2014年1月で201兆円

2015年1月では270兆円を突破し、

2015年7月では320兆円を超えました。

 

その時点で、市中(私たちのところ)に出回っているお金(お札と小銭)は11兆円くらい増えましたので、市中に出回っているお金は1割以上も増えたわけです。

 

2013年から2015年にかけて、あなたの貯金は1割増えましたか?

増えていなければ、あなたの資産はその時点ですでに目減りしていますよ?

相対的にお金の量からみてみたら。

1割増えて現状維持、という状態ですね。

お金の出回る量以上に資産が増えていないと、相対的には資産は減っているということですから。

 

現在はどうなっているかというと

2017年1月の時点で、

お札:102兆円

小銭:あまり増えていない

日銀当座預金:437兆円

 

これってやばくないですか??

アベノミクスが始まったときは、

お札82兆円

日銀当座預金47兆円

だったわけですよ。

 

お札は25%増えていて、

銀行が日銀に預けているお金は300兆円増えて、3.2倍になっているわけですから。

 

日本のお金の総量は3倍以上に増えているんです。この4年間で!

 

そして、2013年4月の時は1ドル92年だったのが、2016年には120円を突破し、今は110円前後を推移しています。

 

このことは何を意味するか?

2011年前後の時は日本の借金が1000兆円を超えて、国家破産(デフォルト)する、預金封鎖が起こるかもしれないから海外にお金を移転するという話が盛んに飛び交っていたのを覚えていますか?

テレビでも池上彰さんが特番を組んでいましたよね。

 

それは円高になっていたために、「円建て」の負債がどんどん雪だるま式に増えていったことから、このままでは日本は破産すると騒がれたのでした。

ちなみに、この時期に海外旅行に行けた人は最高でしたよね?

円高で円の価値がものすごく高い時期だったので、海外では現地貨幣と高いレートで交換できましたから。

 

今はどうでしょうか?

日銀が金融緩和を行い、ジャブジャブお金を刷ることによって、お金がたくさん生まれました。

すると、円高(円の価値が高い)が円安(円の価値が低い)に振れて、今の状態になったわけです。

 

円建ての借金は当然価値が低くなりますよね?

円安になることで、ドル換算でみれば日本の財務は改善されたわけですから。

 

具体的には下記の通りです。

1ドル75円の時の借金は991兆円あったのですが、それは13.2兆ドルの借金があるということです。

1ドル115円の時に日本の借金は1066兆円ありましたが、ドル換算では、9.26兆ドルの借金に目減りしたということになります。

実にアベノミクスにおいて、日本の借金は30%改善したということになります。

 

これが国の国策です。

円を沢山刷ることによって、円の価値を相対的に下げ、借金を目減りさせることができたのです。

 

さて、今回のこの記事をもう一度見てみましょう。

IMG_8701

 

日本人の金融知識のなさが露呈している記事です。

本当に恐ろしいです。

資産における現金・預金の割合が、アメリカは13%、ヨーロッパでは33%に比べ、日本は51%となっています。

 

日本人はお金をため込み過ぎです。

日本の国策の通りにこのまま進んでいくと考えれば、将来的に今の1000万は500万の価値しかないという恐ろしい事態になるでしょう。

 

知らず知らずのうちにあなたの資産は目減りしています。

あなたのファイナンシャルリテラシーのなさが、あなた自身だけでなく、あなたの家族、あなたの子孫にも悪影響を及ぼすのです。

 

預金も投資ですよ。銀行に貸し付けて、運用してもらい、利息をもらうのですから。

預金もリスクがあります。預けているお金が紙くずになるかもしれないのですから。

 

資産形成には結果の不確実性というリスクが必ずついてきます

株・保険・不動産・投資信託などすべての投資商品にリスクは存在します。

 

このリスクをどれだけリスクヘッジできるか?

これが大事です。

 

リスクには2種類あります。

予期できるリスクと予期できないリスクです。

予期できるリスクによる損失は予想範囲内の出来事なのでさほど大きな問題ではありません。

予期できないリスクによる損失は予想していなかった出来事なので、致命的な損失になることがあります。

 

しかし、予期できないリスクは各々の無知から生まれてくるものなのです。

知識を深め、資産形成にチャレンジして経験し、実績を積むことで予期できないリスクは減っていきます。

 

私は収入も含め、年々資産を増やしています。

自分と家族の生活を守るため、真剣にがむしゃらに資産形成をしないと、格差が広がっていくとヒシヒシと感じているからです。

 

日本人の皆さんには、この記事にあてはまる人が多いのではないでしょうか?

玉石混交の情報があふれるこの時代、しっかりと現状が分かって、将来を見据えて投資している人から話を聞かないと迷走しますよ。

 

私でよければ、無料で財務の相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

産婦人科医として生と死をみつめてきた立場から、資産形成のお手伝いができると思います。

世の中に閉塞感をもっている方が多いと聞きますが、私は常に未来のために今を精一杯生きています。

なので、非常にご機嫌に楽しく生きています。

是非お話する機会があればよろしくお願いいたします。

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

本物に投資する。

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今の時代は玉石混交の情報であふれていますよね。

インターネットを開くと、1クリックで稼げるだの、収入を年収1000万を確約するだの、色々とあふれていますが、皆さんも何かを購入したことがあるのではないでしょうか?

 

私もあります。

今思うと、何故こんなものにお金を投じてしまったのか・・・と思うこともあります。

そのような経験があるために、私は常に本物を見定めます。真剣に。

 

見定める基準は、その人がどのようなマインドを持っていて、どれだけの実績があって、かつ購入することで永続的な関係づくりをしていけるようなものに時間とお金を投じます。

 

産婦人科の技術を学ぶ時もそう。ファイナンシャルプラニングを学ぶ時もそう。インターネットリテラシーを学ぶ時もそう。株などの長期投資を学ぶ時もそう。FXなどの短期投資を学ぶ時もそう。

 

どれだけの技術と経験を培ってきた方なのか、その人と永続的な関係づくりができるならそれをとことん大事にし、直接関係を持つことができない時は地道に成果を出していつか関係を持つことができるように力と経験を積みます。

 

私が時間とお金を投資したいと思うものには、その商品を提供する人のマインドに感銘を受けることが大前提ですし、だからこそ時間をかけてでも着実にしっかりとマインドを吸収し、その人の技術を学ばさせて頂きます。

 

医学の時も、その道のトップクラスの方に教わりました。診断のプロセス、患者さんの診方、手術手技、一つ一つにその方の哲学が詰まっていました。まさにArt 芸術 だなと思ったわけです。その方が何十年も積み重ねてきた技術と経験と思考はまさにArtです。

 

ビジネスに関してもそうです。テクニックばかりを謳うところに本物はありません。

テクニックとは本質的に、実績を出せる人が意識的・無意識的に行っている行動のことだと考えられます。

なので、いくらテクニックを学んでも同じ結果にならないのは、テクニックを学ぶその人のマインド・思考が追い付いていないから。

 

だからこそ、その道のプロ、実践者にこそ学び、そのマインドをとことん吸収することでしか成果を出せないのだと思います。

結果を出せない自分の思考・マインドのままでは結果が出ないのは当たり前。

 

私は本物のプロ・実践者の思考から繰り出される行動・情報に敬意を表しています。

その本物に巡り合うためには自分が様々な経験(失敗も成功)を繰り返して、初めて出会えるものだと考えます。

 

だからこそ、詐欺商材に出会っても、諦めずにまた夢の為・目標の為に本物を探してほしいのです。

本物に出会えた時こそ、人生が一気に変わる瞬間です。

でも、その時までに、自分の準備ができていないと本物に出会っても生かしきれませんよ。

 

実践と経験を自分でも積みながら、本物に出会う努力をする。

いざ出会ったときは、とことんマインドと技術を継承させて頂く。

染まりあがるというのが大事でしょう。

 

それくらいの自分が感銘を受けるものに出会えることを願っています。

私も本物の実践者を目指して、生涯努力していきます。

 

時間とお金を投資するなら、本物へ。

当たり前ですが、出会うためには相当の経験を積まないといけませんよ。

出会って終わりにするのではなく、永続的に関係を築くということにも価値を置いてくださいね。

それこそが本物の資産です。

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ