人生を豊かにするための人脈術三か条を教えます。

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は学生時代の友人と久しぶりに会って、美味しい食事をしました✨

天ぷら料理をたらふく食べましたので、翌日胃もたれしないか心配な感じです。

 

人生を豊かにするために、私が意識している人付き合いの方法をテーマに本日は書いてみようと思います。

意識するのとしないとでは人生の厚みが本当に変わってきますので、何かの参考になれば幸いです。

 

友人とは学生時代に出会っており、5年ぶりくらいの再開だったのですが、

私が想像もつかない仕事をされており、そんな仕事があるんだなと肝心したわけです。

結婚もしており、お互いに時が経過しているのを感じます。

 

学生時代の話で盛り上がり、あの時を懐かしく感じました。

そして、それからの彼の経歴を聞き、私が見たことも聞いたこともない職種だったので、話が非常に新鮮でした✨

彼のような人材がいるから社会は回っているんだなと感じたのでした。

 

互いの過去の話、現在の話、そして、未来の話へと続きます。

 

私が人と交流するときに大事にすることは、その人がどの目線で見て、行動しているかです。

 

今しか見ていない人、過去ばかり見ている人、様々ですが、

やはり、現状を理解し、未来に目を向けている人の話は楽しいものです。

 

前を向いている人は遅かれ早かれ、その方向に到達すると私は考えています。

歩むスピードは人それぞれではありますが、前を向くことで良いエネルギーが湧いてきます。

それは自分だけでなく、周りの人をも勇気付けるものになります。

 

人と交流する時は、まず私自身がそのようなエネルギーを出しているかどうかを振り返ります。

 

「人脈づくりは自分づくりから」

 

自分が他者に良い影響を与えられない人に、チャンスは巡ってきません。

良い影響力を持つ人の周りには次第に良い人が集まってくるのです。

 

そして、私が人付き合いの中で、最近最も大事にしている人脈術三か条をお伝えします。

 

①人の成長を心の底から応援する

②人の成功を心の底から喜ぶ

③人の秘密情報を他言しない

 

当たり前のことなんですけどね。

でも意識してできている人はとても少ないと思います。

 

私は常に意識しています。

自分のことばかり見ていないか。

本当に人のことを「心の底」から応援できているのか?

 

そして、他者が成功したときに、自分が成功していなくても、心の底から喜べる度量があるのか?

自分が辛いときにも他者の成功を喜べるほどの懐の広さが持てるか。

 

人付き合いの一つ一つに修行すべきポイントが詰まっています。

 

そして、秘密は他言しない。

本当に大事なことです。無意識に話してしまっていないか、噂話をしていないか自分を振り返ると怖いものがあります。

秘密を他言するような人たちの周りには同じような人しか集まらない。

他人のプライバシーを守ることは自分の格を上げることに繋がります。

 

プライバシーを漏らす人は自分の格を下げていることに気づかなければなりません。

 

成長を応援する人の周りには人の笑顔が集まります。

人の成功を心の底から喜べる人の周りには成功のスパイラルが起こります。

他者の秘密を守る人の周りにはそのような人が集まります。

 

億万長者はプライバシーを守ることを本当に大事にしています。

だからこそ、良い情報は良い人間の中にしか回らないのです。

そのような領域に達するには、一朝一夕には達せません。

 

常に自分づくりをしていく必要があります。

 

そして、そのような人付き合いをしていく先に、時の経過とともに豊かな付き合いが増えていき、自然と良い情報・良い人に囲まれる生活になり、人生は豊かになっていくのです。

 

人付き合いは人生をかけて行う長期投資です。

5年 10年 20年 50年かけて付き合うことができる人は財産と呼べるものです。

 

千里の道も一歩から。

 

③か条を意識するだけで、物事は少しずつ良くなっていくと確信しています。

ぜひあなたも取り入れて見てください^^

 

そのようなことを考えるきっかけを与えてくれた友人に感謝。

 

ドクターパートナーシップ

億万長者との旅行!億万長者になるための秘密をお教えします。

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は、先日に平日の真昼間から旅行をしてきた話をします。

Amazon総合一位のベストセラー「お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか」の著者、ミリオネアコンサルタントの鳥居祐一先生のご企画された大人遠足>千葉房総 豪華海鮮グルメ満喫ツアー に行ってまいりました!

 

鳥居祐一先生の本です↓

スクリーンショット 2017-09-11 06.24.12.png

(Amazonより引用)

パーソナルブランディングの第一人者としても活躍されている先生です。

 

いやぁ、、、とんでもなく濃厚な一日でした。

そこで億万長者になるための秘密を知ってしまいましたのでシェアします!

まずはざっと一日の流れを写真つきでお伝えします◎

 

平日の朝7時に品川集合したのですが、大の大人が平日から40人も集まっていました 笑

鳥居先生はその集客を個人のメルマガだけで集客しているのです・・・

その時点ですごいですが、皆さんの経歴をお聞きしていると、

経営者、個人事業主、独立しようとしているサラリーマンなどなど、普通のツアーではなかなかお目にかかれないような方々ばかりでした。

先生のメルマガのお客さんばかりなので、良いエネルギーを持った人たちばかりでした✨

 

朝ごはんに「つみれ汁」を頂きました。体が芯から温まり、消化を助けてくれそうな感じ^^

IMG_8929.JPG.JPG

 

そして、バスは走り、まず1回目のクルーズです。

海中の光景が綺麗に見える船にのり、魚たちが美味しそうに餌に食いつくのを眺めていました。

 

IMG_8939.JPG.JPG

陸に上がったあとはこだわり抜いて作られた「アクアメロン」畑に行きました!

24時間体制で大事に大事に育てられた「アクアメロン」

千疋屋では10000円する高級ブランドでは現地では3000−5000円で購入することができ、みなさん激安なので買いまくりでした◎

 

IMG_8950.JPG.JPG

よく冷えたジューシーなメロンにしゃぶりつき、皆さんほっこり笑顔☺️

ここで、鳥居先生の計らいで前回の知覧の旅に行かれたリピーターさんたちに5000円ほどするメロンがプレゼントされたのです!太っ腹です。何人もいたのですが、全員にプレゼントです。。。

これがリピーターをうむ心遣いか、と勉強になりました。

 

そして、次は海のそばでお待ちかねの豪華海鮮浜焼きです^^

IMG_8961.JPGIMG_8964.JPG

多くは語りません。激ウマです。

生きた伊勢海老を丸焼きにして食べました。伊勢海老を3匹も頂き、大満足!

その他新鮮な食材を焼いて、美味しく頂きました。

ここでも皆さん、笑顔笑顔^^

会話も弾みます。

 

食後は蜂蜜だけで味付けされたロールケーキを頂き、蜂蜜屋さんにも行きました。

甘いものは別腹ですな!

みなさんお腹いっぱいだったはずが、むしゃむしゃソフトクリームを頬張ってましたよ。

IMG_8970.JPG.jpg

 

次に向かったのは房総半島の目玉である日本寺の大仏さんです。

私は今まで千葉にこんなところがあるなんて知らなかったです。。。

千葉はディズニーしか行ったことがなかったので。。。

すっごく素敵なところでした!

IMG_8971.JPG.JPG

FullSizeRender.jpg 3.jpg

ロープウェイに乗って山を登ります。

山から見える眼前の海の景色が素敵でした。

さて、ここからがアドベンチャーの始まりでした。。。

 

ここは秘境か!?と思えるほどの崖と森

IMG_8976.JPG.JPG

そこを抜けると・・・

 

目の前に崖に挟まった大仏さん発見 笑

IMG_8977.JPG.JPG

かなり巨大。江戸時代に寄付を元に20年かけて作られた遺跡群です。

そして、次は山を降ります。

もう山あり谷あり。想定していなかった山登りが始まってしまいました。。。

靴擦れした足にはきつかった 笑

山の中にはいろんな顔をしたお地蔵さんたちが出迎えてくれました。

1500体いるそうです。圧巻。

IMG_8992.JPG.JPG

良い汗かいて、カロリー消費して、山を抜けると・・・

IMG_9005.JPG.JPG

目の前にとんでもなくでかい大仏さんが鎮座しておられました!

でかすぎ。

この巨大な大仏さんに会うためにここまで頑張ったのですね。理解しました。

あまり日本寺を理解していなかった私。

頭の中は汗でびっしょりになった体をなんとかしたい!という気持ちでいっぱいでした。

 

そのあとはなんという心遣いか、温泉まで付いていたのです!

良い運動の後の温泉って最高すぎます✨

皆さん、良い感じで疲労されていたので、温泉でかなり癒されていました。

男風呂はまさに裸の付き合いという感じで、添乗員さんが一人一人の背中を流している姿が圧巻でした 笑

 

IMG_9009.JPG.JPG

そして、旅は終わりに近づきます。

本日2度目のクルーズ!惜しくもサンセットは見れなかったですが、

潮風に当たりながら、参加者の皆さんと穏やかに会話していました。

みなさん、良い笑顔でした^^

 

最後は、ちゃんこ鍋で有名な「玉海力」さんで食事です。

「玉海力」さんは銀座、赤坂、上海、プノンペンなどにも出店しているところなんですが、

なんとここのオーナーさんも奥様と旅に参加されていたのです!

元力士さんでいらっしゃいまして、かなりの貫禄をお持ちの方でした。

まさに成功したビジネスオーナーをされており、企業コンサルなどもやられてはります。

オーナーから20年間増収増益をする秘密を聞いたりして、なんと豪華な食事会なんだとかなり嬉しかったです。

IMG_9010.JPG.JPG

オーナーさんの本を早速注文しました!

スクリーンショット 2017-09-11 07.06.52.png

Amazonより引用

 

なんかものすごい豪華な旅でした。

お手頃な価格で本当に良い体験ができました。

お酒の席でゆっくりと鳥居先生のお話できたりと、価値の高い食事会で締めくくり旅を終えました。

この旅は先生の計らいで参加者同士が様々な方と交流が持てるように企画されたとのことです。確かにクルーズ2回、食事処も数回あり、アドベンチャーに癒しの温泉ありと様々な企画の中で、新しい方々と自然と話が弾みました^^

これはものすごく自分が企画する際に参考になります!

 

そして、私がこの旅で感じた億万長者の秘密ですが、

当たり前なんですけど、「周りに良い人しかいない!」んですね。

 

先生は仰いました「人脈づくりは自分づくり」

自分が成長していかないと、当然周りに良い人が寄ってこない。

今回は平日の朝から晩まで大人たちが40人も遊んだわけですが、そんな普通じゃない日程で、その集客はご自身のメルマガからだけ!

そんなこと可能なんですか!?と驚きます。

 

自分の方向性にあった濃厚なお客さんばかり集まるメルマガだから、このようなことができるんですね。

それは一重に、積み重ねてきたブランドが為せる技ですよね。

鳥居先生のメルマガは今現在、1412回目まできています。

 

「ローマは一日にしてならず」

当たり前のよく溢れたことわざです。

しかし、積み上げることで、1回3万円の旅もメルマガだけで集客でき、しかもすぐに満席になり、リピーターさんもきちんとくるような旅が企画できるのです。

 

巷をみていると、焦って短期でお金を得ようとしている人たちで溢れています。

そりゃあ得られないよね、と思います。

 

資産運用もそうです。私は堅実に資産を運用して地盤を固めながら進んでいます。

きちんと勉強して、信頼に足るパートナーを見つけて、歩みを進めていく。

そうやって、積み上げていく形なので、崩れるリスクが少ないのです。

一過性にお金を得ても、それに味をしめて、失う人が多いのです。

私は着実に自分の器を広げながら、長期の目線で資産を形成していきます。

 

億万長者の周りには

良い人しか周りにいないから、自然と良い情報が集まってくる。

良い情報が集まってきたら、自然と思考と行動が変わる。

思考と行動がよくなれば自然と結果がよくなる。

結果がよくなれば、プラスのスパイラルでさらに成長し、豊かになる。

 

億万長者はきっとそんなことを当たり前のようにしているのでしょう。

私も人に価値を与え、幸せにできる億万長者を目指します。

それこそが成功法則だと、この旅を通して感じました^^

 

鳥居先生のメルマガすごくオススメなので是非登録してみてください^^
http://www.yuichitorii.com/mg/

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

両手に華 女性よ輝け

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日はもと同僚の女医さん二人と久しぶりに食事をしてきましたよ。

写真はメインディッシュの一番高い、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み♥

一人は独身で一人は結婚していて子持ち。

二人とも生き生きと楽しそうにしていました。

 

 

女医という生き方は高収入が確約されている代わりに、その代償なのか男が寄り付きにくい。

私的にはもし嫁さんが医者なら、生活は安定するので、全然いいと思うのですが、

なかなか世の中の男性は女医さんにはいかないようで。。。

 

結婚できない女医さんの多いこと多いこと。

責任ある仕事を若い頃から任されますので、なかなか日常で外にでかけて、お相手を探すことが難しいみたい。

休みの日も日々の診療の疲れを癒すために、ゆっくりしていることが多いとのこと。

そりゃあね、一日働いて、そのまま当直して、その翌日も普通に通常業務とか普通だし、休みたくなるよね。

そして、その対価として収入は普通に高い。

若いころから、一般サラリーマンよりも収入をもらっています。

 

結婚相手は医療者が多いですね。やはり男性医師が多い。

結婚する人は学生の頃か社会人数年でするのが多いかな。

 

30代超えてくると、より仕事が責任を増し、面白くなってくる時期でもあるから、

余計に出会いの時期を逸してしまう。

気付いた時には30歳後半。

それくらいの時期になると、仕事もひと段落して、自分を振り返ることになる。

 

あれ、自分の人生このあとどうしよう・・・

 

そうなってしまうんですね。

気付いたら、自分が高齢妊娠の領域に入り、自分が男性を探してもある程度メンタルブロックがかかり、妥協することも難しい。

 

そりゃあね、高収入になれたら、相手にもある程度求めますよね。

金銭感覚が違いますから。

 

そして、困ったとこに、良い男性医師というのは若い時に結婚していることが往々にしてある。

もちろん、結婚していない素晴らしい男性ももちろんいますが、

売れ残っている男性医師というのは、何かしら「?」という点もあるわけです。

(あくまで医療業界の話です。それ以外の業種はまた違うと思いますが)

一般の男性のところに行こうにも、男性側も30歳後半で、高収入の医師で、となると

尻込みもするのではないでしょうか。

 

ある交流会で女医さんと一般男性の交流を見ていましたが、男性側も気を遣ってしまい、

恐縮している感じになっています。

 

そりゃあね、相手は第一線で働く「先生」ですから尻込みするのもわかります。

それをとび越える魅力がその女医さんにあり、なおかつ男性側が幸せにしたいと強く思えるポイントを見つけないと結婚には至らないですよね。

 

何が言いたいか?

 

「女性の若さ」というのは、やはり大きな武器になります。

それは、男性側がこの人と一緒に歩み道がイメージできるからです。

アラサーであれば、この人と家庭を築き、子供をつくり、一緒に歩いていくイメージが男性側に沸きます。そして、狙ってくる男性の年齢層も多様です。若い人も初老の人も狙える。

 

35歳過ぎて、アラフォーになってくると、狙う男性の年齢層がぐっと上がりますよね。若い人は狙いに行きにくいでしょう。ハードルがある。あと、産婦人科的な視点では、子供がつくりにくくなるので、そこも不妊治療のリスクとか知っている人なら、そこで尻込みもするでしょう。

それくらいの年齢になってきたら、女医さんはプライドが高くなればなるほど結婚するのは難しいのでは。やはり愛嬌、愛想はものすごい大事だし、男性を立てることもできる方がやはり良いでしょう。一般的に。

 

この人はとても魅力的だな、と思われないと何も始まりません。

若い人は、「若さ」だけで人が寄り易いのですから。

 

私の同僚はアラサーですが、一人はしばらくお相手がいません。

とても可愛い子なのですが、一緒に働いていたときはとても忙しく、プレッシャーのある現場でしたので、ピリピリしていました。

それも食事の席で振り返っていましたね。

 

「当時はほんとよく怒ってた。ほんと怖かったと思う私の事。それくらい私がやらなきゃ!という気持ちになってたわ」

 

こんな風に自分がしてきたことを振り返り、反省する姿は素晴らしいですね。

 

女医さんは収入があるので、やはり華やかです。

高級なものも身に着けるし、体のケアも怠ってない。

「華」があります。

 

自分を振り返り、改善していこうとする姿はとても素晴らしいと思いました。

できるなら、誰かがその子の心を射止めて欲しいなと思います。

 

私の考えですが、女性の「華」は、結婚して子を宿し、母になり、子育てしていく中で、更に磨かれていくものだと思うからです。

 

年相応に思考と振る舞いを洗練していくこと。

それは男性にも女性にも大事なことです。

 

魅力的な女性は美しいです。

魅力的な女性が多いほど男性は嬉しくなるものです。元気づけられるものです。

魅力的で輝く女性が増えれば増えるほど社会は活性化していきます。

魅力の華を咲かせ続けていきましょう。

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ

漫画中毒をやめられた理由

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は私が漫画を読むことをやめた話をします。

 

いきなり何?と思う人もいるでしょうか。

 

私にとっては漫画というのは子供の時から自分の哲学を形成するのに大きな影響を与えたものです。

私にとっての最初のインフルエンサーは漫画の作者でした。

どうして、こうも泣かせる物語をつくれるのか、、、としみじみ考えたものです。

 

中学・高校時代は漫画・ゲーム・小説などの物語の世界に没頭していました。

驚くべき時間と情熱をそこに投資していたものです。

現実世界から逃避したかったのか、自分の苦しみを解決する手段を求めて物語の世界に浸っていたのか。。。

社会人になっても一緒です。

 

毎週、少年ジャンプ、ヤングジャンプは欠かさず読み、ネタばれサイトを真っ先に見に行き、

ベンチマークしている漫画の単行本が発刊されればすぐに買いに行く。

 

読んだことある漫画も、大人買いして読み直す。

大事な試験前にも関わらず、睡眠時間を削って読みふける。

ただただ物語の世界に没頭する・・・

 

私自身痛感していました。ビジネスをやるうえで、漫画をやめることができた時が自分が成功に踏み出す瞬間だと。

 

私は常に何かに投資してきました。

講座などの自己投資、不動産、保険、証券、貯金などなど。

 

ある成功した経営者のコンサルティングを受けた時に、

投資を学んでいる自分は投資家を育成するビジネスをすればいいという結論に至ったのを皮切りに、更に深く投資を学び始めました。

 

その過程でもまだ漫画を読むのは続けていました。

1日30分から1時間を1週間ならした時に漫画に使っている感覚です。

やめられない。

 

その時は自己を正当化するために、こう考えていました。

「漫画を読むことで、人の感情を動かす思考回路を手に入れるんだ」

何事も生産的なものにつなげたいがために、こう考えていました。

 

しかし、漫画を読むだけで時間は失われていきました。ハマると、その日やろうと思っていたことを全て投げ出して、読み進めてしまいます。

漫画中毒です。

タバコやお酒みたいなもんですかね。

タバコもお酒もしませんが、漫画を読まないと精神が安定しない状態でした。

 

そんな折に、不動産投資の本を読み進めることがありました。

ある不動産投資家が不動産投資で成功するために100冊の本をまず読んだと言っていたので、私も実践してみようと読み始めたのです。

 

恥ずかしい話、私は不動産投資を行って数年経過するのに、不動産投資の本を読むというのがあまりなかったのです。専ら人から学ぶ方。

 

いざ、読み進めると、面白い面白い。

不動産投資への確信がさらに沸きました。

それに伴い、感情の変化が起こったのです。

 

「もっと勉強したい」「投資のことがもっと勉強したい」「それを人に伝えたい」

 

こんな感じです。

 

私はそれまで毎日欠かさず漫画を読んでいたといっても過言ではありませんでした。

漫画が精神状態を安定化していたのかもしれません。

 

今はそれが、「投資」のことを勉強して、発信することにとってかわったのです。

 

今は投資を勉強しない日は気持ち悪くて、いても経ってもいられません。

発信しないとどこかで発信するタイミングをみつけようと必死に探したりします。

 

何なんでしょうね、これ?

今まで中毒だったものがやめられた理由は?

 

リスクを負っている自分への責任感?

しかし、トータルで数百万の講座に入会したときもこうはならなかった。

 

単純に、もっと「好きなことができた」「情熱を捧げられるものができた」ということかなと思ったりしています。

 

投資のことをもっと勉強したい。時間が欲しくてたまらない

という状態なわけです。

 

そして、

今まで、漫画に時間を投資していましたが、「投資」のことを学ぶのに時間を使う方が、感情的にも、実社会的にも投資のリターンが高いとすとんと体と心が理解してくれたのかもしれません。

 

漫画中毒から「投資中毒」にかわっただけかもしれません。

 

でも、これでいいです。

やっとこの状態になれました。

あとは中毒になるくらい好きなことを情熱をもってやり続けるだけです。

 

昔は毎日漫画を読んで、精神的に成長していきたいという気持ちでした。

今は毎日投資の勉強をして、学んだこと・経験したことを発信するのが楽しいという状態です。

 

何かをやめられないときは、とって代わる対象を見つけて、その中毒になるのがいいかもしれませんね。

 

以上です。

本日もありがとうござました。

 

ドクターパートナーシップ

スティーブ・ジョブズの生き様

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今さらながらスティーブ・ジョブスの生涯を追ったドキュメンタリー映画を見てみました。

スティーブ・ジョブス、本当にすごいですね。

 

Appleを創立したときは、家のガレージでパソコンをつくり、販売した。

Macをはじめて世の中に出して、一躍世間を賑わした後に、売り上げが低迷し、

外部からCEOとして呼んだ人物に自分の創設した会社から追い出されてしまう。

 

命をかけて創った会社から追い出されるなんて、そんな絶望あるでしょうか?

 

その絶望から復活し、更に新しい技術を追及し続けるためにNeXTを設立し、ピクサーを立ち上げ、トイストーリーを売り出すことに成功する。新しく創ったNeXTがAppleの求める技術を持っており、Appleが吸収する形になり、ジョブスはAppleに舞い戻る。

 

その時の心情を彼はこのように言っています。

「アップルから追い出されたことは、人生でもっとも幸運な出来事だったのです。将来に対する確証は持てなくなりましたが、会社を発展させるという重圧は、もう一度挑戦者になるという身軽さにとってかわりました。アップルを離れたことで、私は人生でもっとも創造的な時期を迎えることができたのです。

その後の5年間に、NeXTという会社を起業し、ピクサーも立ち上げました。そして妻になるすばらしい女性と巡り合えたのです。ピクサーは世界初のコンピューターを使ったアニメーション映画「トイ・ストーリー」を製作することになり、今では世界でもっとも成功したアニメ製作会社になりました。そして、思いがけないことに、アップルがNeXTを買収し、私はアップルに舞い戻ることになりました。いまや、NeXTで開発した技術はアップルで進むルネサンスの中核となっています。そして、ロレーンとともに最高の家族も築けたのです。」

 

すごくないですか?

自分が創造したAppleから追い出されたことが本当に良かったと言えるこのメンタリティ。

逆に新しい会社を立ち上げたことで、更に技術を高めることができ、現在のAppleまで成長させる礎にすることができたのです。

 

逆境にこそチャンスがある、と彼の人生を見ているとそう思います。

 

Appleからジョブスが追い出された後に、コンピュータ業界はWindowsにとって代わられました。AppleはiMacを送り出し、ipodで膨大の数のMP3データをコンテンツとして格納することを可能にしました。当時、音楽データの違法ダウンロードが盛んであり、音楽業界がダメージを受けていた時代に、itunes storeで音楽を格納し、ダウンロードする形をつくり、音楽データのプラットフォームをつくり上げた。その後、iphone, ipadと更に便利なものを世の中に輩出し続けたのです。

 

世の中の常識を塗り替え続けたイノベーター。

彼の生き様で感銘を受ける言葉がありました。

 

スティーブ・ジョブスが2005年にスタンフォード大学の卒業式で演説をしました。

彼は学生の前でガンの闘病を告白したのです。

そのスピーチの内容が実に素晴らしいのです。

 

「死を覚悟しろと。
死は命がもたらした最も崇高な発明
古いものを一掃して新しいものに道を開く
他人のために短い時間をムダにしないで」

「常に野心をもて 愚かであれ」Stay hungry Stay foolish

 

誰しも死を迎えます。

医療業界にいると、それは毎日目の前に起こっていることです。

産婦人科医は赤ちゃんと妊婦さんを対象と思われがちですが、

実は子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など悪性腫瘍とも毎日接しており、死の恐怖を感じる患者さんともかかわっているのです。

 

そうして接していく中で、死を前にして達観している患者さんもいらっしゃいます。

最後まで戦おうとする患者さんもいらっしゃいます。

どちらが良いかはその人と家族が決めることです。

私たちは可能な限り選択肢を提示し、患者さんが求める生き様を貫くお手伝いをします。

 

死を達観してみているおばあちゃんがいました。

「私はもう思い残すことはない。資産もすべて分配した。死後のことの整理は全てつけてきた。子供たち、孫たちにもきっちり自分の死について話している。だから、最後はできるだけ楽にいきたい。」

 

本当に素晴らしい生き様だと思います。

 

死に様は生き様

 

死に方にその人の人生が表れる。

死ぬということは誰にでも訪れるものです。

それを見て見ぬふりをするか、真正面からとらえて、それに向かって突き進むか。

 

ジョブスの言葉からは死を前にしても動じない心の強さを感じます。

死があるからこそ、老いたものがなくなり、新しいものが台頭する。

世の中は新陳代謝を繰り返すことで発展してきた。

 

人が遺せるものは限られている。

お金、言葉、思想・・・

 

命は有限であるために時間は有限です。

だからこそ、自分の人生において最も大事なことに時間とお金を投資すべきだと思います。

 

ジョブスの遺した思想・思考は今も世の中を豊かにしている。

 

私が後世に遺せるものは何だろうか?

 

皆さんもそうやって考えて生きることができたら、最後まで笑い続けられる人生になるのではないでしょうか?

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ

 

 

 

 

嫁さんが崩れ落ちてしまいました・・・

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は嫁さんが粉々になって、崩れ落ちてしまった話をします。

 

私の嫁は非常にまじめです。

少し完璧主義なところがあるかもしれません。

きっちりやりたい、全部理解したい、理解してからじゃないと動けない

そんな感じの人です。

 

情熱はすごいあって、目標意識が高いのかな。

でも、社会の壁にぶつかって、うまくいかない。できない自分を責めてしまう。

職場でもよく泣いてしまうそうな。

 

新しい職場でなかなかうまくいかないことが続いて、悔しくて職場でよく泣いてしまう、最近そんなことが続いていたそうです。

 

きっちりやりたい人だから、完璧主義なところがあるから、なかなか体が動かないのかもしれない。

泣きすぎて、少し休みなさいとお盆休みをもらったみたいです。

そこで、余計にまた泣いたわけです。

お盆休みなんてないのに、自分ができないから休まないといけないんだと。

 

私はこう言ったわけです。

「よかったねぇ。あなたのサクセスストーリーの始まりだねぇ」と。

 

基本的に私はメンタルは強いので、多少へこんでもすぐにメリットを見つけて、ポジティブに転換できる思考をもっているのですが、嫁さんはまだそういう領域には達していません。

 

自分の力量がないままに、いきなりハードな現場に配属されたから、できないことにぶち当たりまくるわけですが、それはとても有難いことだと私は思うわけです。

なぜなら、自分の壁がそこにあるわけで、抜けることができたら、以前の自分よりも大きな器を持つ自分になれるからです。

 

困難がないと、人は大きくなれない。

苦しみから抜け出す時にこそ、光が見つかる。

私はそう思います。

 

だから、嫁さんにただ、頑張れーと言うのではなく、

その困難に立ち向かうことの価値を伝えました。

 

「その困難や挫折があるからこそ、君は人の痛みもわかるし、より良い指導者になれるよ。失敗するたびにへこんでも転んでもいいから、失敗の数プラスイチ起き上がろうよ。ファイティングポーズをとれる限り、あなたは負けてない。またやり直せる。僕がいるから、困った時は守るから、何度でも戦っておいで。」

スパルタコーチみたいな感じで嫁さんには話しています。

 

夫婦って良いなと思います。

なぜかって言うと、何度でもやり直せる場所だから。何度ぶっ倒れても、立ち上げてくれる人がいる。パートナーがいるから、ぶっ倒れてもやり直せる力が湧いてくる。パートナーのおかげで日々を心の底から安心して過ごすことができる。

 

私は嫁さんに感謝しています。色々と私がチャレンジするために呆れさせてしまうのですが、最後は応援してくれるから。

 

私も嫁さんにとってそうでありたい。嫁さんが困難な状況でも、私という大黒柱、土台があるから、真の意味で絶望することはない、そういう存在でありたい。

 

まあ、嫁さんはひとしきり泣いた後に、もう次のために勉強を開始していましたので、彼女はきっと大丈夫だろうと思いますが 笑

 

ただ、彼氏彼女として付き合っているという状態とは違う重みが夫婦にはあります。

それは家族を経営していくパートナーなわけですから、まさによく言う、苦しい時も病める時もそばにいることを誓いますか、って奴ですね。

 

だから、人生を乗り切っていく「家族」という土台を早く創った方が人生を力強く生きていけると私は思うわけです。

嫁さんが崩れ落ちても、別に粉々になってない。すぐに立ち上がれる。そんな場所を創れる。

 

何度でもやり直せる場所があるって良くないですか?

 

家族は経営するものと私は思います。

短期 中期 長期 超長期の目標を持ち、地道に創り上げていく。

土台が盤石であればあるほど、超長期は実り豊かなものになっていく。

人生の最後は、超長期で積み上げたものの集大成が見えてきます。

夫婦の絆は超長期で積み上げていく。それこそが本当の豊かさに繋がると思います。

 

嫁さんいつもありがとう。

今日はしっかり休んで、また休み明けに頑張ればいいよ。

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

 

 

 

35年住宅ローンの罠

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

あなたが結婚していたとすると、

「家をいつ買おうか?」

ということをパートナーと話し合いますよね?

 

私は、世の中のステレオタイプにのっとって、「結婚したから家を35年ローンで買おう!」という選択肢に懐疑的です。

それは資産形成の観点においてそう考えるわけです。

 

家族で庭付きの一軒家に住む、もしくは都心のマンションを購入する、というのが

子育ての地盤のためにも順当だと思います。

 

「理想の家族像」のイメージの中に「マイホーム」というのはなくてはならないものだと思います。

ただ、その購入の仕方や順序を間違えると、自己破産に陥ったり、資産形成において多大なチャンスを失う可能性があるということをお伝えしておきます。

 

まず普通の家庭では、マイホームを買う際は35年ローンで購入すると思います。

35年ローンで支払うということは、35年後も現在と同じような収入体系があるということですよね?どのくらいの家庭でそれが実現できるでしょうか?

 

例えば、私の実家では父親が40代の時に、新しく5500万の一軒家を35年ローンで購入しました。当時の金利で支払は月々17万でした。

私の両親は会社を経営しており、収入がしっかりしているので、12年経過した現在でも同じように支払いを継続していますが、60歳で定年のサラリーマンが同じようなことをしたら、かなり経済的にリスクがありますよね?

40代でも35年ローンを組むということは、自分の定年後にも支払いが継続するということであり、今まではご自身の退職金を目当てにローンを組まれていたのではないでしょうか?

仮に40歳の時に5000万円の住宅ローンを35年で返済するシュミレーションをしてみましょう。

定年になった60歳の時の残高は約2300万円と考えられ、毎月の支払いは月々14万程度。あと15年は支払い続けないといけない。定年時の退職金で一体どのくらいもらえるのだろうか?

2300万円の退職金がもらえる企業はよっぽどのところじゃないとないのではないでしょうか?

新卒から定年まで働き続ける人が一体どのくらいいるでしょうか?

定年の後に再度やっともらえても収入は前よりも確実に低下しているでしょう。

一体この残りのローンをどのように返すのでしょうか?

 

ローンが返せないと判断した場合に、じゃあ売ればいいじゃんと考えるとしましょう。

私の家の実例をお示しします。

私が生まれたころに700万で購入したぼろぼろの戸建がありました。4年後に売却するとバブルの波にのっかって1100万の値段がつきました。次に購入した戸建は4000万でしたが、5年後に売却したときはバブル崩壊の憂き目にあい、2400万まで下落してしまっていました。

都心の駅近ならまだしも、郊外の戸建が買った時よりも上昇するなんて、なかなか厳しいんじゃないでしょうか。

 

もし、売却しようとしても価値が予想以上に低ければ、ローンを返せず、退職後に自己破産するという致命的な事態にもなり得ます。十分注意しましょう。

 

そして、資産形成の点についても、私はマイホームをローンで購入することにデメリットを感じています。

 

なぜか?

マイホームは私にとっては「負債」だからです。「資産」ではありません。

 

私が考える「資産」というものは「長期的・安定的に何もしなくてもお金を生み出してくれるもの」です。

資産を形成するということが人生を豊かに自由に生きるために何よりも重要なことだと、私は考えているわけですが、マイホームを購入することでローンで投資用マンションを購入することが難しくなるんですね。

私の投資のポートフォリオの中で不動産投資を長期的・安定的な資産として重要な役目を果たしています。

それができなくなる・制限がかかるというのは致命的じゃないですか?

 

確かに、マイホームは家族にとって子供にとって憩いの場所になると思います。

私も実家があるおかげでくつろぐことができますし、家族が集まる場所としては重要だと考えています。

何も私はマイホームを購入するなと言っているわけではありません。

マイホームを購入する順番を考えましょうと言っているわけです。

 

一度、家賃月々14万の戸建の賃貸を考えてみましょう。

14万×12か月×35年=5880万

35年間住み続けることで5880万円かかるわけです。

これくらい長く住み続けるなら賃貸よりも購入する方がコストメリットがあるでしょう。

 

長く住み続ける前提があるのであれば、定年までの年数の住宅ローンで購入して、支払いきるのが安全でしょう。働けるうちに払いきってしまいましょう。

しかし、私があえてここで言いたいのは、自分のお金をつぎ込んで手に入れた物件は、家賃というコストを抑えることができますが、レバレッジが何もかからないということです。

 

私は不動産投資をローンで購入するのをお勧めします。

居住者が支払ってくれる家賃でローンを返済し、着実に自分の資産を拡大していくことができるからです。マイホームで借金すると、借りられるローンが減ってしまいますので、資産形成のスピードが遅くなります。

マイホームの繰り上げ返済をするくらいなら、お金を自動的に生み出してくれる投資用マンションの繰り上げ返済をする方が効率的に資産を増やせるでしょう。

 

そうやって、創りあげた資産があって、あふれ出たお金でマイホームを購入すれば、自分の資金も傷めずに効率的に増やせるのではないでしょうか?

自分のお金だけで住宅を買おうとする人、資産の利益で住宅を買い、資金をさらに増やそうとする人では加速度的に資産の増え方が変わります。

 

私は資産を形成して、その後に都心の駅近の物件を購入します。自分が今後、拠点を別の場所にうつす際にも、その物件の賃貸はつきやすいでしょう。

自分のマイホームですら、他人のお金でローンを支払ってしまうという方法も効率的です。

 

まとめると、

資産を効率的に形成したうえで、マイホームを考えた方が、より豊かな人生になるのではないでしょうか?

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ