【相手にもたれかかりたくなったときは執着を手放して、ただ信頼しよう】

こんにちは!ドクターパートナーシップです☺️
世間は3連休。僕はしゃかりき働いています!
今日は
【相手にもたれかかりたくなったときは執着を手放して、ただ信頼しよう】
の話をします。
嫁さんが数日間の東京出張から帰ってきました◎
また一段とワクワクしたことを経験して、楽しそうだ☺️
嫁さんが自由でイキイキと日々を過ごしてくれるのが嬉しい。
 
世間ではパートナーが自由に何かをしたりするのが不安に思う人もいるようです。
 
パートナーが自分の知らないどこかに行ってしまうのではないだろうか、と考えてしまっているのかもしれません。
 
それをパートナーにもたれかかっている状態と表現してみます。
 
もし少しでも自分にそのような気持ちがあるかも、という人に伝えたいことがあります。
 
あなたがパートナーにもたれかかりたい気分の時に一番怖いのは、自分が必要としているその人と手を繋いでいるのを手放すことではないでしょうか?
 
しかし、実はこれこそ関係がうまくいく秘訣なのです。
 
相手への執着を手放した時、あなたの魅力が増し、二人の関係はひとつ上のレベルに上がります。
 
執着を手放すたび、その関係には新たなつながりとロマンスが生まれます。
 
相手に頼ろうとすればするほど、あなたの魅力はだんだん失われます。
 
その上、パートナーにとって、あなたがどんどん重荷になり、これではまるで、片方で相手を捕まえようとしながら、もう一方で相手を遠くへ押しやっているようなものです。
 
あなたがパートナーシップを本当に尊重したければ、すすんで執着を手放しましょう。
 
依存的になることは自分で自分の足を引っ張るようなものです。
 
それは相手を受け止められずに、むしろ相手から可能性を奪おうとすることです。
 
僕も以前、パートナーが何をしているのか不安になる時期がありました。
 
「一体何をやっているんだろう?」
 
自分の知らない世界に相手が飛び立とうとするのは残される側は不安になるものです。
 
しかし、飛び立っても、また帰ってくることに気づいてください。
 
そして、とてもイキイキとした顔で帰ってくるのです。
 
相手が笑顔で楽しそうなら、きっとそれはいいことなのでしょう。
 
自分の相手への執着が原因で、相手の可能性の幅を狭めたとしましょう。
 
相手が本来持っているイキイキとした成長したい!向上したい!というエネルギーを自分が阻害してしまったとしたら、相手はこんなにもいい笑顔はしてくれないでしょう。
 
もし、相手がそのまま飛び立ったまま帰ってこなければ・・・
そのときはそのとき。自分を振り返ってみましょう笑
 
 
まず、あなたの両手を空っぽにしてください。
 
すると、もっと素晴らしいものがやってきます。
 
あなたが必要としなくなった時、それが与えられ、初めて受け取ることができるのです。
 
信頼しようという意志があなたを前に進ませてくれるはずです。
 
PS
写真は嫁のいないうちに食べた脂っこい餃子。最高😍

【支配したいという欲求は、恐れから生まれる】

こんばんは!ドクターパートナーシップです。
今日は【支配したいという欲求は、恐れから生まれる】という話をします。
 
僕は昔、相手の行動を支配しようとしていた時期がある。
 
相手にあれこれして欲しいという本音があり、相手のモチベーションをあげるためという名目で相手の行動を管理しようとした。
 
結果、プレッシャーをかけすぎて、相手を焦がし、自分から人が去っていった。
 
どうして、そんなことになったのだろうか。
 
結局、自分は怖かったのだと思う。
 
自分がやっていることは間違いではないと正当化するために武装して人の行動を管理することで、他人が一緒に行動してくれるように仕向けた。
 
それは全て自分が色々なものを失うことの恐れがあったんだなと今なら思える。
 
 
あなたは今までこのような経験はなかったですか?
 
支配したいという欲求をどうすれば解消できるのか考えていきましょう。
 
誰かを支配しようとするとき、多分その人の心の中には、怖がっている子供が住んでいるのです。
 
誰かがあなたを支配しようとしているときは、こんな風に考えてみてください。
 
もし、その人があなたのそばで怖がって震えている子供だとしたら、その子にどんな風に接してあげるでしょうか?
 
あなたはその子が必要としているものを与えてください。
 
安心させ、援助してあげることで、あなたの方も相手から抑圧されたという気分にならずに済むことでしょう。
 
僕の中には昔、人が去っていくことが怖かった子供がいたんだと思います。
だからこそ、圧力をかけて人の行動を支配しようとしていたのだと思います。
 
今はある程度安定した生活があり、嫁さんが側にいてくれることで、心も穏やかでいることができているので、そのような子供がむくむくと出てくることは少なくなっているのかなと思います。
 
経済的な地盤とパートナーシップが満たされると、安心できるので、落ち着いたのかなと思います。
 
 
あなたが誰かを支配しようとしているときは、あなたの中に恐れを感じている小さな子供がいるのです。
 
相手の人に、「自分が何を怖れているのか」を伝えてみてはいかがでしょうか?
 
コミュニケーションし、手を差し伸べ、受け入れることによって、怖れは癒されます。
 
それは相手にとっても、素晴らしい贈り物になることでしょう。
 
自分が支配しようとしている、支配されようとしているときに、怖れを感じる小さな子供がいないかどうかみてみてください。
 
何かのヒントになれば幸いです☺️
 
PS 
写真のご飯
嫁さんが健康を守るために気を遣ってくれています◎
Thanks!!

【拒絶されたと感じるのは、何かをもらおうとしているときだけ】

こんばんは!ドクターパートナーシップです。

 

あなたは、相手に何か良いことをした時に思ったような反応が返ってこなくて、傷ついたり、残念だったり、悲しくなったことはないでしょうか?

僕もよくありました。

なぜそのような気持ちになってしまうのでしょうか?

あなたが傷つけられたとか拒絶されたと感じるのは、何か「してあげている」ふりをしながら、実は密かに相手から何かを「もらおう」としているからです。

相手のためと思ってやっていながら、実は見返りを求める自分がいたということです。

非常に不躾なことを言って大変申し訳ありません。
でも、これは自分のことに当てはめると、とても思い当たる節があるから、正直に申しています。

あなたが傷つけられたとか拒絶されたと思った時に、自分自身に聞いてみましょう。

「私はどんな風に、あの人にしてあげるふりをしながら、実は何かをもらおうとしていたのだろうか」と。

あなたが何も要求していなければ、誰もあなたを拒むことはできません。

だって見返りを求めず、ただ与えているだけなのですから。
相手がどのように反応しようと自分は自分のやりたいようにやっているのであれば、相手の反応は気にならなくないですか?

ちょうど、募金箱に誰かのためになることを願って募金するような感じに似ていませんか?

募金箱の中身がそのあとどこに行ったかはわかりませんよね。
でも、きっとどこかで誰かのためになっているのかなと思っているくらいで、その結果を教えろ!とはならないですよね。

あなたが前に向かって進もうとする時、人に与えることであなた自身が満ち足りていれば、押しやられることはありません。

そんな見返りを求めないあなたには、誰も抵抗できないからです。

そして、欲求を満たすために自分のやり方を押し通そうとしなければ、相手がどんな振る舞いをしようが、あなたにとって全く何の問題にもなりません。

ただ与えることによって愛したい、というのがあなたの望みであれば、それを止めたり拒絶したりできる人は誰もいないのです。

「やりたくてやっている」
そんなあなたには誰も何も言えませんよね。

「これやるから、代わりにあれ頂戴ね」
そのような精神でやった場合、うまくいけば良いですが、
相手が思ったようなことをしてくれない場合、傷ついてしまうのです。

その時にあなたはこう思うのです。
「相手が悪い」と。
「私はやってあげたのに、相手は何も返してくれない」と。

そう思ってしまうと気分も台無しです。

相手が何かしてくれると期待して、自分が与えるということを繰り返していくと、相手が満足な反応をしてくれない度に、自分が傷ついていくのです。

だから、初めから、「ただ与えること」に注力する。
相手の見返りを期待しない。
募金箱に募金するかのように与える。
その上で、与えることで「愛する」ということができれば、
自分は傷つくことはないし、相手には愛を与えることができるし、最強ですよね☺️

いきなりすることは中々難しいことなのかもしれませんが、できるようになればもっと楽しく相手と過ごしていけるのではないでしょうか^^

PS
本日のデザート:31アイスクリーム😍

【パートナーは同じチームのメンバー】

こんにちは!
産婦人科医ドクターパートナーシップです^^
今日は【パートナーは同じチームのメンバー】という話をします。
 
あなたは自分のパートナーをどのように思っているでしょうか?
 
僕は嫁さんのことをチームのメンバーと思っています。
人生を幸せに乗り越えるためのチームを創っていく大切なメンバー。
 
このことを認識すると、相手からたくさんのものを受け取ることができるようになります。
 
その人はあなたを救ってくれたり、助けてくれたりもすることでしょう。
 
その人はあなたに何かしら贈り物を持っています。
 
ちょうどあなたの方も、相手に何かの贈り物を持っているのと同じように。
 
 
あなたが相手と豊かなパートナーシップを築く時のヒントとなる「7つの質問」をお伝えします☺️
 
 
1. あなたは一番身近な人に対して、同じチームの一員として接していますか?
 
2. あなたが人生を歩んでいくのを、その人が助けてくれていることに気がついていますか?
 
3. あなたが勝つための力をその人が強めてくれることに気づいているでしょうか?
 
4. その人が成功すれば、あなたもまた成功することを知っていますか?
 
5. あなたは、相手をまるで関係のない他人のように扱って来なかったでしょうか?
 
6. その人がまるで敵であるかのように接してきたことはありませんか?
 
7. どちらが先に自分の欲求を満たすかで闘ってきませんでしたか?
 
 
耳が痛い話ですね^^;
自分も思い当たる節が色々とあります。
 
しかし、一つでも自分に問いかけて実践してみると、相手との関係がかなり良くなることに気づくと思います。
 
毎日の一つずつの積み重ねが長期にわたる強固なパートナーシップの礎となるのです。
 
 
あなたに問いかけます。
 
もし、相手が負けていたり、何かで失敗していたとしたら、
それは偶然ではありません。
 
今まであなたは、あなたかもその人が相手のチームにいるかのように競ってきませんでしたか?
 
そうやってあなたの方が優れていることを、相手にも、また世の中にも示してきたのです。
 
 
僕も常に自分を振り返ります。
相手の成功を願っているだろうか?
相手が自由に自分の人生を生きていくための手伝いができているだろうか?
 
「相手は人生を豊かに生きていくための大切なチームのメンバーである」
 
そう考えるだけで、あなたと相手のパートナーシップは豊かになる。
そう思います☺️
 
PS
写真はホテルラウンジのベイクドチーズケーキ🍰
激ウマ😍

パートナーはあなたの望みを叶えるためにいるわけではない

こんばんは!
ドクターパートナーシップです。
今日から、パートナーシップを中心に記事を書いていこうと思います。
豊かなパートナーシップで長期的な目線で幸せな家族を構築していく、というのが目的です。
【パートナーはあなたの望みを叶えるためにいるわけではない】
 
付き合い始めたばかりの頃は、まるで「天国で生まれた関係」のような幸福感を味わうものです。
 
「私のありとあらゆる望みを叶えてくれる人に、やっと巡り会えた!!」と言う感じです。
 
ところが、一度相手が望みを満たしてくれないとなると、「地獄のような関係」だと決めつけてしまいます。
 
私たちがおかしやすい最大の過ちは、パートナーとは自分の面倒をみてくれるために存在していて、素敵なパパや優しいママになってくれると思い込んでしまうことです。
 
ところが、パートナーに自分の望みを叶えてもらおうと期待すると、その関係の足を引っぱってしまうことになってしまいます。
 
「自分の望みを満たすために誰かが必要だ」と考えていると、
その人が満たしてくれてもくれなくても、結局はその人を恨む結果になってしまうのです。
 
自分が不愉快な気分になると、いつも相手のせいだと思うようになり、自分の望みがどれか一つでも満たされなければ、相手が犠牲を払ってでも自分の面倒をみてくれるべきだ、と思ってしまうのです。
 
パートナーに何かを期待してしまうというのは往往にしてあるものですが、相手が自分の望みを叶えてくれるものだと無意識のうちにでも思っているうちは、幸せなパートナーシップは構築できません。
 
 
あなたはパートナーとどのような関係を創って行きたいでしょうか?
パートナーはなぜ存在しているのでしょうか?
 
 
人間関係の目的は他者から何かをしてもらうためではありません。
 
本来の目的とは、あなたが幸せになることです。
 
どうやったら幸せになれるのか?
 
人と繋がり、与え、受けとるところから幸せは生まれるのです。
 
パートナーとの関係をもっと改善したいと思うなら、
パートナーに何ができるか考えてみましょう。
パートナーと一緒にどんな人生を創っていけるか考えてみましょう^^
 
僕もパートナーとどんなワクワクした人生を創造していけるかを楽しんで日々考えています☺️
 
PS
カフェの外に緑と滝が広がっていた

奨学金で人生狂う人の特徴

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は奨学金で人生狂った人について書かれた記事をみつけたので、シェアします。

 

この記事の内容は、奨学金を借りている人は借りていない人に比べて、

子が少なく、結婚が遅れがちになると書かれてあります。

そして、消費に対しても消極的になるとのことです。

 

まあね、そりゃあ月々の返済が大学卒業時から何百万の借金を背負っていたら、色々なことに消極的になるかもしれないよね・・・

 

って、なんでそんな事態になるほどの借金してしまったん??と思ってしまいました。

 

実際、私も大学生の時は月に奨学金を17万借りていました。

大学卒業時にはすでに借金450万を背負っていた状態になります 笑

今思ってもかなり財務状態が悪かったですね。

が、私の消費は冷え込むことなく、更に借金を背負っています 笑。

 

総額で借金は2億あります。

何か事件が起こったら破産ですね。( ;∀;)

 

まあ、その心配は全くしておりません。

財務状態的には資産は多くても、負債が多く、純資産は少ないという状況です。

しかし、毎月着実に私の負債は減り、純資産は増えているという状況です。

保障もばっちりです。

私が亡くなったときは借金は全てチャラになり、家族には毎月100万近くの確実な不労収入が入り、数千万円の保険金がおります・・・

 

嫁さんにこのことを言ったら、「絶対死なないで!!!あなたがいなくなったら、無理!!」と言われました。。。

嬉しいことを言ってくれますね。

私の死で得られるものは一生涯の安定です。間違いないです。

しかし、そんなものよりも私と一緒に生きていく方が何百倍も嬉しくて楽しいことだと言ってくれるわけです。

 

私は大学卒業時に450万の借金をすでに背負っていました。

しかし、それは返せる見込みがあったのとその借金をすることによるリターンを享受していたために、その借金に満足していました。

 

私は国公立の医学部に行っていましたので、6年間の学費は300万円くらいです。ありがたいことに。

医師一人創るのに億単位のお金がいるみたいで、私立の医学部だと6年間の学費で2000万から4000万円は当たり前なんですね。

その学費がくそ安かったわけですが、毎月両親から仕送りを頂いておりました・・・

学校生活が色々と忙しかったので、バイトはそんなにしていませんでしたので。

 

私は借金をすることで、親からの仕送りをなくしました。

そして、時間とお金の自由を得たのです。一時的に・・・

 

どういうことか?

社会人の皆さんはわかると思いますが、社会人時代はお金は入ってくるけど時間がないですよね?

逆に大学生は時間はあるけど、お金がないわけですよね?

 

奨学金というのは一種の不労収入です。ただの借金ですが、当時の感覚としてはそんな感じでした。

働かなくてもお金が入ってくる状態。非常に自堕落な生活を送ることもできる。

学生時代の間だけですが、一時的な時間とお金の自由ができるわけです。

これにバイト代が加われば、更にですよね。

 

そして、私は学生の時からビジネスに携わったり、10万円以上する高額セミナーに行ったり、海外旅行をしていたのです。

 

それはもう楽しかったです。

で、そのツケを今払っているわけですが (;^_^A

 

でもそれでいいんです。

金利のない第一種と金利1%の第二種の奨学金の返済をしていますが、金利で言えばカスみたいなものです。月々2万5000円の支払いを数十年続けるわけです。

 

でも、私は敢えてその借金を全額返済しようとは思いません。

金利1%よりも有効な商品は色々あるわけで、私は全てそういったものに回しているので、

毎月の固定費はかかりますが、数十年かけて返済しようと思っています。

 

私は社会人になったら給与が見込めましたし、それ以上の金利がつく運用、もしくはビジネスを色々とできるので、奨学金を全力で借りて、自分に投資するための資金にしたのです。

 

そうなんです。

私は身の丈以上の借金をしていないのです。

むしろ、身の丈をもっと上げるための借金をしたのです。

価値のある借金ですね。

 

私は世の中の人がすべて大学に行く必要なんてないと思っています。

正直、本気でバイトしたら、全然普通のサラリーマンよりも稼げると思います。

なので、奨学金を借りてまで大学に行く人は真剣に奨学金を借りるほどの価値が大学にあるのかを考えるべきだったのです。

今さらですが。

 

将来のリターンが確実に見込める投資なのかどうか?

本当に借金をしてまで得られる地位が大学生活にあるのか?

真剣に考えてきましたか?

借金をする以上のリターンを得ようとがむしゃらに自己投資してきましたか?

 

私は安易に借金をする人に問いたい。

 

みんなが行くから大学に行くとか、行って意味あるかわからないけど行くとかナンセンスです。

 

借金をすることで生活がひっ迫するのが目に見えていたはずです。

それを見据えて借金をしたのならいいです。

それ以上のリターンが得られるものにしようと行動してきたのならいいです。

それすらもなく、ただただ卒業するために奨学金を借りるのは本当に意味がない。

 

お金がなければ、異性との交際も子供を持とうという気持ちも薄らぐでしょう。

そのことを今実感している人が、上記の記事の人でしょう。

 

奨学金で人生が狂う人は、リターンの見込めないギャンブルに投資したということです。

リターンの多い投資にできなかった原因を考えましょう。

そして、価値を見つけましょう。

必ず何かしらの価値は見いだせるはずです。

そこから人生を再起するチャンスを探せるはずです。

 

良い借金は良い投資です。

悪い借金は身を滅ぼします。

 

今、身を滅ぼしているのは、何が原因だったのか?

それを見つけることができれば、人生は再起します。

 

苦しみは人生を変えるチャンスです。

借金で辛い思いをしている人は、必ずその裏側にチャンスがあります。間違いありません。

それを見つけるために、その借金があるのです。

 

借金でリターンを得られる人はそれが自己投資だと思えるのが大事です。

あなたはどっちですか?

 

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

両手に華 女性よ輝け

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日はもと同僚の女医さん二人と久しぶりに食事をしてきましたよ。

写真はメインディッシュの一番高い、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み♥

一人は独身で一人は結婚していて子持ち。

二人とも生き生きと楽しそうにしていました。

 

 

女医という生き方は高収入が確約されている代わりに、その代償なのか男が寄り付きにくい。

私的にはもし嫁さんが医者なら、生活は安定するので、全然いいと思うのですが、

なかなか世の中の男性は女医さんにはいかないようで。。。

 

結婚できない女医さんの多いこと多いこと。

責任ある仕事を若い頃から任されますので、なかなか日常で外にでかけて、お相手を探すことが難しいみたい。

休みの日も日々の診療の疲れを癒すために、ゆっくりしていることが多いとのこと。

そりゃあね、一日働いて、そのまま当直して、その翌日も普通に通常業務とか普通だし、休みたくなるよね。

そして、その対価として収入は普通に高い。

若いころから、一般サラリーマンよりも収入をもらっています。

 

結婚相手は医療者が多いですね。やはり男性医師が多い。

結婚する人は学生の頃か社会人数年でするのが多いかな。

 

30代超えてくると、より仕事が責任を増し、面白くなってくる時期でもあるから、

余計に出会いの時期を逸してしまう。

気付いた時には30歳後半。

それくらいの時期になると、仕事もひと段落して、自分を振り返ることになる。

 

あれ、自分の人生このあとどうしよう・・・

 

そうなってしまうんですね。

気付いたら、自分が高齢妊娠の領域に入り、自分が男性を探してもある程度メンタルブロックがかかり、妥協することも難しい。

 

そりゃあね、高収入になれたら、相手にもある程度求めますよね。

金銭感覚が違いますから。

 

そして、困ったとこに、良い男性医師というのは若い時に結婚していることが往々にしてある。

もちろん、結婚していない素晴らしい男性ももちろんいますが、

売れ残っている男性医師というのは、何かしら「?」という点もあるわけです。

(あくまで医療業界の話です。それ以外の業種はまた違うと思いますが)

一般の男性のところに行こうにも、男性側も30歳後半で、高収入の医師で、となると

尻込みもするのではないでしょうか。

 

ある交流会で女医さんと一般男性の交流を見ていましたが、男性側も気を遣ってしまい、

恐縮している感じになっています。

 

そりゃあね、相手は第一線で働く「先生」ですから尻込みするのもわかります。

それをとび越える魅力がその女医さんにあり、なおかつ男性側が幸せにしたいと強く思えるポイントを見つけないと結婚には至らないですよね。

 

何が言いたいか?

 

「女性の若さ」というのは、やはり大きな武器になります。

それは、男性側がこの人と一緒に歩み道がイメージできるからです。

アラサーであれば、この人と家庭を築き、子供をつくり、一緒に歩いていくイメージが男性側に沸きます。そして、狙ってくる男性の年齢層も多様です。若い人も初老の人も狙える。

 

35歳過ぎて、アラフォーになってくると、狙う男性の年齢層がぐっと上がりますよね。若い人は狙いに行きにくいでしょう。ハードルがある。あと、産婦人科的な視点では、子供がつくりにくくなるので、そこも不妊治療のリスクとか知っている人なら、そこで尻込みもするでしょう。

それくらいの年齢になってきたら、女医さんはプライドが高くなればなるほど結婚するのは難しいのでは。やはり愛嬌、愛想はものすごい大事だし、男性を立てることもできる方がやはり良いでしょう。一般的に。

 

この人はとても魅力的だな、と思われないと何も始まりません。

若い人は、「若さ」だけで人が寄り易いのですから。

 

私の同僚はアラサーですが、一人はしばらくお相手がいません。

とても可愛い子なのですが、一緒に働いていたときはとても忙しく、プレッシャーのある現場でしたので、ピリピリしていました。

それも食事の席で振り返っていましたね。

 

「当時はほんとよく怒ってた。ほんと怖かったと思う私の事。それくらい私がやらなきゃ!という気持ちになってたわ」

 

こんな風に自分がしてきたことを振り返り、反省する姿は素晴らしいですね。

 

女医さんは収入があるので、やはり華やかです。

高級なものも身に着けるし、体のケアも怠ってない。

「華」があります。

 

自分を振り返り、改善していこうとする姿はとても素晴らしいと思いました。

できるなら、誰かがその子の心を射止めて欲しいなと思います。

 

私の考えですが、女性の「華」は、結婚して子を宿し、母になり、子育てしていく中で、更に磨かれていくものだと思うからです。

 

年相応に思考と振る舞いを洗練していくこと。

それは男性にも女性にも大事なことです。

 

魅力的な女性は美しいです。

魅力的な女性が多いほど男性は嬉しくなるものです。元気づけられるものです。

魅力的で輝く女性が増えれば増えるほど社会は活性化していきます。

魅力の華を咲かせ続けていきましょう。

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ