嫁さんが崩れ落ちてしまいました・・・

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は嫁さんが粉々になって、崩れ落ちてしまった話をします。

 

私の嫁は非常にまじめです。

少し完璧主義なところがあるかもしれません。

きっちりやりたい、全部理解したい、理解してからじゃないと動けない

そんな感じの人です。

 

情熱はすごいあって、目標意識が高いのかな。

でも、社会の壁にぶつかって、うまくいかない。できない自分を責めてしまう。

職場でもよく泣いてしまうそうな。

 

新しい職場でなかなかうまくいかないことが続いて、悔しくて職場でよく泣いてしまう、最近そんなことが続いていたそうです。

 

きっちりやりたい人だから、完璧主義なところがあるから、なかなか体が動かないのかもしれない。

泣きすぎて、少し休みなさいとお盆休みをもらったみたいです。

そこで、余計にまた泣いたわけです。

お盆休みなんてないのに、自分ができないから休まないといけないんだと。

 

私はこう言ったわけです。

「よかったねぇ。あなたのサクセスストーリーの始まりだねぇ」と。

 

基本的に私はメンタルは強いので、多少へこんでもすぐにメリットを見つけて、ポジティブに転換できる思考をもっているのですが、嫁さんはまだそういう領域には達していません。

 

自分の力量がないままに、いきなりハードな現場に配属されたから、できないことにぶち当たりまくるわけですが、それはとても有難いことだと私は思うわけです。

なぜなら、自分の壁がそこにあるわけで、抜けることができたら、以前の自分よりも大きな器を持つ自分になれるからです。

 

困難がないと、人は大きくなれない。

苦しみから抜け出す時にこそ、光が見つかる。

私はそう思います。

 

だから、嫁さんにただ、頑張れーと言うのではなく、

その困難に立ち向かうことの価値を伝えました。

 

「その困難や挫折があるからこそ、君は人の痛みもわかるし、より良い指導者になれるよ。失敗するたびにへこんでも転んでもいいから、失敗の数プラスイチ起き上がろうよ。ファイティングポーズをとれる限り、あなたは負けてない。またやり直せる。僕がいるから、困った時は守るから、何度でも戦っておいで。」

スパルタコーチみたいな感じで嫁さんには話しています。

 

夫婦って良いなと思います。

なぜかって言うと、何度でもやり直せる場所だから。何度ぶっ倒れても、立ち上げてくれる人がいる。パートナーがいるから、ぶっ倒れてもやり直せる力が湧いてくる。パートナーのおかげで日々を心の底から安心して過ごすことができる。

 

私は嫁さんに感謝しています。色々と私がチャレンジするために呆れさせてしまうのですが、最後は応援してくれるから。

 

私も嫁さんにとってそうでありたい。嫁さんが困難な状況でも、私という大黒柱、土台があるから、真の意味で絶望することはない、そういう存在でありたい。

 

まあ、嫁さんはひとしきり泣いた後に、もう次のために勉強を開始していましたので、彼女はきっと大丈夫だろうと思いますが 笑

 

ただ、彼氏彼女として付き合っているという状態とは違う重みが夫婦にはあります。

それは家族を経営していくパートナーなわけですから、まさによく言う、苦しい時も病める時もそばにいることを誓いますか、って奴ですね。

 

だから、人生を乗り切っていく「家族」という土台を早く創った方が人生を力強く生きていけると私は思うわけです。

嫁さんが崩れ落ちても、別に粉々になってない。すぐに立ち上がれる。そんな場所を創れる。

 

何度でもやり直せる場所があるって良くないですか?

 

家族は経営するものと私は思います。

短期 中期 長期 超長期の目標を持ち、地道に創り上げていく。

土台が盤石であればあるほど、超長期は実り豊かなものになっていく。

人生の最後は、超長期で積み上げたものの集大成が見えてきます。

夫婦の絆は超長期で積み上げていく。それこそが本当の豊かさに繋がると思います。

 

嫁さんいつもありがとう。

今日はしっかり休んで、また休み明けに頑張ればいいよ。

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

 

 

 

結婚と投資

 

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は結婚と投資という話について話します。

 

私の身近な女性達で大変だなぁと思うことがあります。

それはお付き合いしている男性がなかなか結婚の話を進めようとしないということです。

長く付き合っても決断できないようなら、別れるなどの結論を早く出してあげた方がいいと思ったりします。むやみに女性を縛らずに。

仕事が忙しくて結婚を今は考えられないのであれば、落ち着く頃合いを具体的に提示して、女性の未来の安定性をある程度確保してあげるのも優しさだと思います。

 

結婚適齢期の女性にとっては結婚するタイミングが非常に大事です。

妊娠・子育てはやはり年齢が高くなるほど、大変になるのを現場で見ているのでそう感じますし、資産を構築するという点でも結婚して構築していく方が私は効率的だと考えるからです。

 

不妊治療の現場では30代後半、40代で頑張ってらっしゃる方々を多くみかけます。

若い人に比べると、妊娠率・流産率も変わりますし、コストも多くかかってきます。(体外受精などをする場合)

もちろん、結婚するのが遅い場合は独身の際に蓄財をしている方も多いでしょうが、不妊治療はかなりのお金を要するものですから、蓄財していたものもどんどん減っていく方も多いです。

 

妊娠についてはやはりできるものなら、早めがいいです。

自然妊娠できればコストも安いですし、精神的にも楽です。

 

そして、若くして結婚する方が、経済的に有利です。夫婦二人で共有できるもののコストを抑えられます。

二人で別々に賃貸するよりも、二人で同じ物件を賃貸する方がコストは安いでしょう。

二人で別々に食事を作るよりも、二人で食材を共有する方がコストは安いでしょう。

共働きしているなら二人で目標を立てて、資産を運用していくことでより加速度的に資産形成できるでしょう。

 

何より私は、夫婦で強力なパートナーシップを築き上げ、夫婦お互いのビジネスで成果を高くあげるための環境づくりができることが最大の魅力だと考えます。

つまり、夫婦が互いに支えあうことで、日常の仕事でパフォーマンスを高くあげることができるということです。

内助の功のおかげで成功した人はたくさんいるでしょう。

女性に家庭に入れと言っているわけではありません。

男性は愛する家族のために、本気で頑張ることができるということを伝えたいのです。

 

これは最初に夫婦になり、家族を創るときに、二人で目標設定する必要がありますが。

目標のない夫婦に豊かな未来はないと思っています。

この目標というのは、夫婦で共有する目標です。

 

登山する際に、行きつく先が見えない状態では遭難して、挙句には山中死してしまうように、夫婦にも二人で共有する目標が必要です。

 

それは、老後の夢でもいいし、目標の資産でもなんでもいいですが、一つの目標をクリアしても、次の目標が次々とつくっていける方がいいですね。

子育てだけが二人の目標になると、子供が巣立ってしまった後に残るのは、寂しさと二人でいる意味がわからない夫婦です。

熟年離婚の原因は様々でしょうが、二人のボタンの掛け違いをほおっておくうちにどんどん大きくなり、取り返しのつかなくなってしまった状態のことだと考えます。

二人のボタンを掛け違っても、初めのうちなら修正はいくらでもできます。

お金のこと、子育てのこと、セックスのこと、趣味のこと、お互いの夢のこと何でも言い合えるような夫婦関係を築いてほしいものです。

 

強固なパートナーシップを持つ夫婦なら、二人の未来のための資産運用もきっとできるでしょう。

二人で世界一周をするでもいいし、ホテルのロイヤルスイートに泊まるでもいいし、二人の可能性を最大限に実現できるようなワクワクとした人生を送るために、資産は必要不可欠です。

 

結婚に悩める女性に私は強く言いたいです。

相手がいるなら結婚は早い方がいい。

どうしても結婚を渋るような相手なら、別に結婚を考えてくれる人を見つけてもいいかもしれない。

 

男性においては相手がいるなら別れるか結婚するかの決断はなるべく早くしてあげる方が、結婚適齢期の女性にとってはとても重要であるということを肝に命じてください。

 

夫婦二人で人生を考え、現実を生きていくというのは良いものです。

喧嘩し、傷つけあうときもあるでしょうが、

それ以上に支えあい、お互いを高めあうことができます。

 

お金の話をしてきましたが、本当の資産とは、強く固く結ばれた絆だと思います。

強い絆があれば、お金は生み出していけます。

 

夫婦二人の関係を向上させるために投資は怠らないことです。

結婚記念日、お互いの誕生日、ことあるごとに感謝を伝える、二人の素敵な思い出をつくる、無限にありますが、全ては絆を強くしていくものです。

そして、それは金銭的にも精神的にも肉体的にも豊かさをもたらしてくれる本当の資産になっていくことでしょう。

 

そんな夫婦関係を私も創っていこうと努力しています。

あなたもそんな関係を創っていく仲間になりませんか? ^0^

 

ドクターパートナーシップ