あなたの現金、紙くずになるよ??

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は興味深い記事を見つけたのでシェアします。

このままだと日本人の資産は紙くずになるかもしれないよ、という話です。

 

怖くないですか?

私は今からあなたが銀行に貯金している「円」が紙くずになるかもしれない、という話をします。

将来的に、あなたが今せっせと貯めている貯金1000万が、将来その価値が500万円になっている可能性があるということです。

それはあなたが記事のように、現金しか保有していなかったらの場合です。

心して聞いてくださいね。

あなただけでなく、あなたの家族、その先の子孫にまで影響のある現実です。

 

まずは、日本経済の経過を軽く振り返ってみましょう。

 

日本ではバブル経済の崩壊から、「失われた20年」と言われたデフレ(デフレーション)時代がありました。

デフレとは物価が下がり、物価に対してお金の価値が上がることです。

この時代、株や不動産の価値はどんどん下がっていきました。ここで資産を大きく目減りさせた人も多いことでしょう。

この時代に儲けた人はどういう人だったかというと、投資をせず、現金をコツコツと貯めた人が資産を蓄えました。とくに20代~30代の人はデフレ時代しか知りませんので、貯金が一番安心と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

その後、2012年12月に第二次安倍政権が誕生し、株価や不動産価格は上昇し始めることになりました。

俗に言う、「アベノミクス」の始まりです。

2013年1月に日銀(日本銀行)は物価の上昇率を2%と定め、3月に量的・質的金融緩和を行いました。

2014年10月には追加の金融緩和を実施しました。

これらの影響を受け、2012年11月では9000円前後だった日経平均株価は2015年5月には2万円を超え、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の商業地では2013年1月の時点に比べ地価が高騰しています。

 

この状況は「失われた20年」の物価が下がり続けていたのに対し、物価が上がり、お金の価値が下がる「インフレ時代」の幕開けということを意味します。

 

なぜこうなったのでしょうか?

それは日銀が行なった金融緩和が原因です。

 

「マネタリーベース」という言葉をご存知でしょうか?

日銀の黒田総裁は2013年4月に「マネタリーベースを2年間で2倍にする」と発表しました。これは金融緩和を行い、「お金の供給量を2年間で2倍にする」というものです。

 

マネタリーベースというのは私たちの財布に入っているお札(日本銀行券)と小銭(貨幣)、それから各銀行が日本銀行の口座に預けているお金、これら3つの合計値のことを言います。

 

つまり、マネタリーベース=お札 + 小銭 + 銀行が日銀に預けているお金(日銀当座預金)

 

になります。

具体的に2013年3月の時点では

お札:82兆円

小銭:4.5兆円

日銀当座預金:47兆円

合計で134兆円

 

黒田総裁は2年間(2015年まで)で270兆円まで増やすと発表したのです。

そして、実際どうなったかというと、

2014年1月で201兆円

2015年1月では270兆円を突破し、

2015年7月では320兆円を超えました。

 

その時点で、市中(私たちのところ)に出回っているお金(お札と小銭)は11兆円くらい増えましたので、市中に出回っているお金は1割以上も増えたわけです。

 

2013年から2015年にかけて、あなたの貯金は1割増えましたか?

増えていなければ、あなたの資産はその時点ですでに目減りしていますよ?

相対的にお金の量からみてみたら。

1割増えて現状維持、という状態ですね。

お金の出回る量以上に資産が増えていないと、相対的には資産は減っているということですから。

 

現在はどうなっているかというと

2017年1月の時点で、

お札:102兆円

小銭:あまり増えていない

日銀当座預金:437兆円

 

これってやばくないですか??

アベノミクスが始まったときは、

お札82兆円

日銀当座預金47兆円

だったわけですよ。

 

お札は25%増えていて、

銀行が日銀に預けているお金は300兆円増えて、3.2倍になっているわけですから。

 

日本のお金の総量は3倍以上に増えているんです。この4年間で!

 

そして、2013年4月の時は1ドル92年だったのが、2016年には120円を突破し、今は110円前後を推移しています。

 

このことは何を意味するか?

2011年前後の時は日本の借金が1000兆円を超えて、国家破産(デフォルト)する、預金封鎖が起こるかもしれないから海外にお金を移転するという話が盛んに飛び交っていたのを覚えていますか?

テレビでも池上彰さんが特番を組んでいましたよね。

 

それは円高になっていたために、「円建て」の負債がどんどん雪だるま式に増えていったことから、このままでは日本は破産すると騒がれたのでした。

ちなみに、この時期に海外旅行に行けた人は最高でしたよね?

円高で円の価値がものすごく高い時期だったので、海外では現地貨幣と高いレートで交換できましたから。

 

今はどうでしょうか?

日銀が金融緩和を行い、ジャブジャブお金を刷ることによって、お金がたくさん生まれました。

すると、円高(円の価値が高い)が円安(円の価値が低い)に振れて、今の状態になったわけです。

 

円建ての借金は当然価値が低くなりますよね?

円安になることで、ドル換算でみれば日本の財務は改善されたわけですから。

 

具体的には下記の通りです。

1ドル75円の時の借金は991兆円あったのですが、それは13.2兆ドルの借金があるということです。

1ドル115円の時に日本の借金は1066兆円ありましたが、ドル換算では、9.26兆ドルの借金に目減りしたということになります。

実にアベノミクスにおいて、日本の借金は30%改善したということになります。

 

これが国の国策です。

円を沢山刷ることによって、円の価値を相対的に下げ、借金を目減りさせることができたのです。

 

さて、今回のこの記事をもう一度見てみましょう。

IMG_8701

 

日本人の金融知識のなさが露呈している記事です。

本当に恐ろしいです。

資産における現金・預金の割合が、アメリカは13%、ヨーロッパでは33%に比べ、日本は51%となっています。

 

日本人はお金をため込み過ぎです。

日本の国策の通りにこのまま進んでいくと考えれば、将来的に今の1000万は500万の価値しかないという恐ろしい事態になるでしょう。

 

知らず知らずのうちにあなたの資産は目減りしています。

あなたのファイナンシャルリテラシーのなさが、あなた自身だけでなく、あなたの家族、あなたの子孫にも悪影響を及ぼすのです。

 

預金も投資ですよ。銀行に貸し付けて、運用してもらい、利息をもらうのですから。

預金もリスクがあります。預けているお金が紙くずになるかもしれないのですから。

 

資産形成には結果の不確実性というリスクが必ずついてきます

株・保険・不動産・投資信託などすべての投資商品にリスクは存在します。

 

このリスクをどれだけリスクヘッジできるか?

これが大事です。

 

リスクには2種類あります。

予期できるリスクと予期できないリスクです。

予期できるリスクによる損失は予想範囲内の出来事なのでさほど大きな問題ではありません。

予期できないリスクによる損失は予想していなかった出来事なので、致命的な損失になることがあります。

 

しかし、予期できないリスクは各々の無知から生まれてくるものなのです。

知識を深め、資産形成にチャレンジして経験し、実績を積むことで予期できないリスクは減っていきます。

 

私は収入も含め、年々資産を増やしています。

自分と家族の生活を守るため、真剣にがむしゃらに資産形成をしないと、格差が広がっていくとヒシヒシと感じているからです。

 

日本人の皆さんには、この記事にあてはまる人が多いのではないでしょうか?

玉石混交の情報があふれるこの時代、しっかりと現状が分かって、将来を見据えて投資している人から話を聞かないと迷走しますよ。

 

私でよければ、無料で財務の相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

産婦人科医として生と死をみつめてきた立場から、資産形成のお手伝いができると思います。

世の中に閉塞感をもっている方が多いと聞きますが、私は常に未来のために今を精一杯生きています。

なので、非常にご機嫌に楽しく生きています。

是非お話する機会があればよろしくお願いいたします。

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

死人がでますよ?東京の不動産買う人・・・

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は気になる記事を見つけたのでシェアします。

東京の割高不動産を買っている人、死人がでますよ・・・

朝日新聞デジタルより

http://www.asahi.com/articles/ASK8H5K74K8HULFA010.html

首都圏新築マンション、平均6500万円 高額物件が増

2017年8月15日18時52分

 7月に首都圏(東京都神奈川県埼玉県千葉県)で売り出された新築マンションの平均価格は、前年同月より16%高い6562万円だった。東京23区や横浜市の中心部で高額物件の発売が増え、1月以来の高水準となった。

不動産経済研究所が15日に発表した。売り出された戸数は3426戸で、前年同月より3・3%増えた。高層マンションの発売が相次ぐなどして42・3%増えた東京23区などが押し上げ、3カ月ぶりに増加に転じた。契約率は好調の目安とされる7割を2カ月ぶりに超え、71・9%だった。

一方で、埼玉県千葉県では平均価格が下がった。同研究所は「人気エリアでは1億円超の物件がすぐに売れる一方で、郊外では契約率の低迷が見られ、引き続き厳しい」とみている。

 

 

以上、東京の平均物件価格をお示ししましたが、やばすぎますね。

 

そもそも、東京オリンピックがあるから、不動産価格がどんどん上がるので、売りぬいたらいいですよーという営業マンが多いです。

 

いやもう、それやばいですから・・・

みんなが同じように売りに出したら、大暴落しますから・・・

買う人に融資つかなければ売れませんよ?

そんな高くて、利回りの取れない物件を誰が買えるのですか?

相当頭金積まないと買えないでしょ、ある程度の立地で条件のそろった東京の物件は・・・

 

ちなみに、大阪の物件について比較してみると、

http://www.manen.jp/market/27/01/0/

  • 販売戸数30,489戸
  • 平均価格3,945万円
  • 平均面積68.95㎡
  • 平均坪単価189.2万円
比較基準は同じかどうかわかりませんが、目安としてこんな感じですね。
居住用マンションや投資用マンションもこの平均の中に含まれるのでしょうが、
とんでもない価格差がありますね。
いずれにせよ、東京のマンションは富裕層しか手を出したらだめでしょう。
投資用として考えるなら、上質な人がつくかもしれませんが、
大阪でやるなら、2戸買えそう。
投資効率で考えるなら、やはり今は大阪に集中すべきだと思います。
私は大阪市内の駅近に限定していますが、空室がでてもすぐに埋まります。
東京ももちろん埋まるでしょうが、利回りが悪すぎて、超長期の投資対象として考えるしかない。
同じお金を投入して2戸買えるなら、断然大阪でしょう。
大阪の物件は良いですよ☆
あと、私は土地勘があるので、土地勘のあるところで勝負しているのもあります。
私は不動産は立地がすべてだと思っています。
利回りを重視して、地方に飛んでしまうと、将来が非常に読めないから危ないと思っています。それこそ、まさに破滅して死人が出ます・・・
地方にも、今後50年賃貸需要がある場所はあるのかもしれない。
しかし、土地勘がわからないので、敢えて勝負しません。
利回りが悪くなれば売却すればいいやーと軽く考えては自己破産のもとでしょう。
空室が多くなって、利回りが悪くなった物件を買いたがる人はいませんし、
それこそ、どれだけお化粧をうまくして、ババ抜きゲームを始めないといけない、という状態になりますので、非常にリスクです。
相手に融資がつかないくらいの自爆物件のことが多いですからね、地方は。
下手なことはいいません。
不動産業界は魑魅魍魎の世界ですから、何も知らない素人サラリーマン投資家は都心の物件を買った方がいいですよ。
都心は都心でも、大阪市内がいい。敢えて言うなら近畿圏。神戸・京都。さらに伸ばすなら、名古屋。
東京は御覧の通り高すぎる。
よほどの資産家じゃないと手が出ませんよ。
無理してやるものじゃないです。経済体力のない人は。
そして、短期で売却しなければならない物件は大したことない物件です。
長期で持ち続けて、家賃収入をもたらしてくれる物件にこそ価値があります。
キャッシュがない人は短期で転がしたいと考えるのかもしれませんが、売るのにも税金がかかりますからね!
せめて、5年はまちましょうね。売却するなら。税率が変わりますから。
しかし、売却益よりも50年持ち続ける方が生涯リターンは大きいですよ。
不動産投資で不労収入を長く得るためには、どんと構えましょう。
どんと構えるためには、立地がよくて、キャッシュフローがひっ迫しないことが重要ですよ。
短期、中期、長期、超長期を見据えて投資はしていくべきです。
堅実に不動産投資を行えば、最初はリターンはそこまで多くないですが(私は節税の観点でものすごく恩恵を受けていますが)、長期的にみると、ものすごい可能性が広がっていることを感じます。
現時点で、堅実に月80万の家賃収入はあるので、私が40歳を超える頃から、急激にキャッシュフローがよくなる計算です。
どんどん純資産は増えていきますよ。私の場合。
純資産が増えれば増えるほど、経済基盤は安定し、金融機関は私のことを手放すことができなくなりますからね。間違いなく。
長期で物事を考えることができる人が勝ちます。長い人生の中、私は50歳で折り返しと考えています。50歳で青春しよう!と言っている成功者もいるくらいです。
私はね100歳まで仕事をするつもりです。
ウォーレンバフェットも80歳を超えてなお、投資を続けています。
私も生涯投資家として活躍します。
皆さんも、それくらいの視点で不動産投資を考えてみてください。
長期思考になれば、必ず願いはかないます。
短期思考では、うまくいかない人の方が多いです。
各人には各人のペースがあります。
しっかり着実にやっていきましょう。
以上。
本日もありがとうございました。
ドクターパートナーシップ

サラリーマン社長になり、資金・資産を構築

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日はサラリーマン社長のメリット・デメリットをお伝えします。

より多くの資金・資産を構築しようと思えば、法人を持つということはメリットがありますので、是非興味がある方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

私は産婦人科医をしながら、会社を設立しました。

それは自分の給与を自分の収入の振り分けをすることで節税するためと、会社の実績をつくりレバレッジをかけていくためですが、とてもいいです。

 

もう少しで設立一年を迎え、決算の時期に入っていきます。

今までサラリーマンをしているだけでは覗けなかった世界が広がっています。

 

新しいことに挑戦するのはワクワクします。

成果を上げていった未来で、どのような信頼・実績が積みあがっていくのか楽しみです。

 

さて、法人設立のメリット・デメリットをざくっとだけお伝えします。

 

まずはメリットについて。

ある程度副収入が見込める場合、個人でサラリーマン給与を得ているなら、さらに税率が上がってしまいますよね。

それを、サラリーマン給与、法人にプールする資金と分けることによって、個人の税率を抑えることができます。もちろん、法人税もかかってきますが、法人税は個人に比べて、税率が有利であり、また様々な方法で損金をつくることができるので、税を抑えることができるのです。

法人で保険をかけることもよい方法です。個人ではどれだけ生命保険をかけても最大4万円程度しか年間で控除できないのが、法人では掛け金が損金に計上できるため、その分の税を抑えることができます。退職金として、長く保険をかけて、退職時に一気に個人に移すことも可能だったりします。

私は会社からは役員報酬をもらってはいません。個人で収入を上げる意味がないからです。代わりに嫁さんに月々報酬がわたるような形にしています。そうすることで個人に一番税率が少ない形でお金を移すことができるのです。

 

あと、私が大いに期待しているのは、法人の利益が積みあがり、決算を重ねていくたびに社会的、金融機関的に評価が高くなってくることです。

個人でも信用を得て、法人でも信用を得ることで、ダブルで融資を受けたりすることも可能です。私は個人で不動産投資を行っていますが、個人でも融資を受けています。法人でも融資を受けられるようになると、さらに安定した資産構築ができるようになります。

 

法人保険や税の仕組みは奥深いです。

 

もちろん、法人をつくるデメリットもあります。

法人設立の際に、登記したり、業者に依頼したりと最初に少なくとも30万は費用がかかります。しかし、ここでケチってはいけないと思います。会社の顔を最初につくるので、ここで金融機関受けしないような登記をしてしまうと、あとが大変です。

私は最初にしっかりとした業者に依頼して、登記しました。見栄えはばっちりです。

しかも、あとのサポートも盤石。利益が積みあがっていくイメージしかありません。

 

また、赤字が続いた場合でも、法人住民税というのを支払いしなければならず、最低7万円かかります。個人事業主の場合は事業所得が0の場合、住民税も所得税もかかりませんが、法人税はかかってしまうのです。

 

固定費はどうしてもかかってしまうのですが、利益の上がる収入があるのであれば、メリットの方が高いですので、お勧めです。

 

私の資産構築は、積み上げるイメージです。

最初はあまり美味しくなくても、時が経過すればするほど、地盤が強固になり、盤石な経済基盤ができていくイメージです。一瞬稼ぐのではなく、長きに渡り、安心・安定の基盤をつくるのです。

 

価値ある仕事をするのは楽しいです。

一緒に頑張っていきましょう^^

 

ドクターパートナーシップ

レバレッジをかける

こんにちは。

ドクターパートナーシップです。

 

さて、今日は足し算のみでこの世を渡っていくのには限界があるよね、という話をします。

つまりレバレッジを考えましょうという話です。

 

2017年が始まってから、半分を過ぎて8か月目に入っているわけですが、

皆さんの経済状況はどのように変化しましたか?

 

国はどんどんインフレの方向に持っていこうと画策しています。

今日、三菱東京UFJ銀行に行きましたが、インフレに備えて資産運用をしましょう!とNISAとか外貨投資などを勧めてはりました。

 

なぜメガバンクは運用キャンペーンを行っているのか?

それはインフレ時代には現金の価値が目減りしていくからです。

 

イメージわきますか?

 

インフレの意味するものは①物価が上昇する ②お金の供給量が増えており、相対的に今のお金の価値が過去に比べて低下している

この2つがあると思います。

現在は、異次元の金融緩和により②相対的にお金の価値が下がっている状態です。

大企業を中心に給料のベースアップを図っており、新卒の給料は上昇しています。

そして、アルバイトの基本給も上昇しています。時給1000円とか普通にありますよね。

 

つまり、インフレは起こっており、何もしないだけでも貯金をしているだけでお金の相対的な価値は低下しているという状態でしょう。

今まで、1000円で買えていたものが、1100円になるだけで、10%も自分のお金の価値は目減りしています。

 

世の中は自分のあずかり知らないところで動いていきます。

現金貯金は一番安全、という人こそ一番あぶないです。

貯金は足し算の世界

超低金利社会において、増やす力はまったく働きません。

 

生命保険、不動産、海外の銀行、債券、ファンドなどなど様々な商品がありますが、それらのメリット・デメリットを考慮し、バランスよくポートフォリオを組む必要があるでしょう。

レバレッジの高いものほどハイリスクであることが多いでしょうから。

レバレッジが高くて、ローリスクなのがあれば教えてください笑

 

また、サイドビジネスをすることもよいでしょう。

しっかりした法人を持つことも、レバレッジになります。

収入をわけることで税率を下げることもできますし、様々なことが可能になります。

 

周りのみんながやらないことをやる。

これ鉄則ですね。

 

99%の富をもたなもの、1%の富を持つもの

世界の貧富の格差はものすごいことになっています。

自分の身、家族の身は自分が守る。

常に考えていきましょうね。

それでは。

 

ドクターパートナーシップ

 

堅実な不動産投資と危ない不動産投資

医師に堅実な資産運用を教えるドクターパートナーシップです。

 

私はいくつかの方法で自分の資産を構築しています。えs

 

そのうちの一つでかなり魅力的なのが不動産投資です。

多くの人が行う不動産投資というのは、投資用マンションローンを金融機関から借りて、家賃収入から返済を行うことをですが、この家賃収入が本当にいいんです。

 

他人様のお金で自分の資産を構築するわけですから、自分の懐は痛みません。

(もちろん痛む人もいるでしょうが、私は少なくとも痛まずにプラスキャッシュです)

 

私は医師になってからすぐに不動産投資を始めましたが、時間が経過するにつれて不動産投資の良さをしみじみと感じています。

 

感じるのは不動産投資は堅実に資産運用をしていきたい人にとって、手堅い投資であるということです。

私が教える不動産投資というのは決してうまい話でも儲かる話ではありません。もちろん、医師のお客さんにお伝えするくらいですから、その道ではトップクラスの案件であるのは間違いありませんが、じわじわと将来の資産を積み上げているというものです。

 

不動産投資といいますと、アベノミクスの波・マイナス金利の波に乗っかって、ちまたでは「資産10億になりました!」「家賃収入1億になりました!」などの声があふれています。

すごく魅力的ですよね!不動産からの賃料はいわゆる不労収入ですから、本当に何もしません。賃貸管理を業者に委託してしまえば、何もすることはないのです。

すごく楽です。銀行に記帳するくらいです。

 

ただし、本当に「資産なら」です。

 

ここで堅実な資産運用をしていきたい皆さんにとって注意していただきたいのは、ちまたであふれている不動産投資の話が一体何をベースにしているか、ということです。

 

ちまたの話は一体どんな物件が多いように感じますか?

 

中古一棟、新築一等、中古ワンルーム、新築ワンルーム、中古戸建などなど様々な物件がありますよね。

 

私が思うに、家賃収入・利回りは高いのですが、エリアに不安定さを感じる物件というのは堅実な資産運用には向かないということです。

 

不動産投資といっても、投資する物件は様々です。

新築・中古(築浅、築古)

駅近・駅遠

ワンルーム、戸建て、ファミリータイプ

建物構造

●W造(Wood)……木造
●S造(Steel)…… 鉄骨造(軽量・重量)
●RC造(Reinforced Concrete)…… 鉄筋コンクリート造
●SRC造(Steel Reinforced Concrete)…… 鉄筋鉄骨コンクリート造

 

などなど様々な条件を組み合わせた物件を購入し、資産を構築していきます。

 

想像してほしいのですが、

あなたは利回りの良さ、満室であること、その他諸々の条件も良さそうだと思って、自分がよく知らないエリア(地方)に1億以上もする築10年程度の中古RC一棟を購入しました。

 

始めた当初はとても良いと思います。物件も都心に比べて比較的安いでしょうし、一棟マンションですから家賃収入から経費を引いた手取り収入は結構な額が入ると思います。

何もしなくても毎月収入が増えていくのは快感でしょう。

 

しかし、リスクがあるのはこれからです。地方というのは一旦退去すると、都心に比べて賃貸付けのスピードがゆっくりです。そして、一棟マンションというのは将来的に必ず修繕が必要になりますから、修繕積立金というものを積んでいかないと大変なことになります。もちろん固定資産税、不動産取得税などの税金もばかになりませんので考慮していかないといけません。

 

恐ろしいのは修繕積立金を前のオーナーが手取り収入と勘違いして、使い込んでいる場合。

これは最悪です。表面上、軽い修繕を施しました、そこで修繕済みとして売却に出すということも往々にしてあるわけなので、そういうことも物件購入時に見抜かないといけません。

 

言ってしまえば、不動産投資を一棟だったり、地方だったりで行うとしたら、考えることが沢山ありすぎるんですね。賃貸付けもオーナーがかなり努力して満室経営を維持するといった自助努力を要します。

 

これはいわゆる「不動産業」ですよね。不動産業者みたいな感じじゃないですか?

 

私はあくまで、「不動産投資」をお勧めしています。

それは初めてこの業界に参入する方々はサラリーマン・OLの方々が圧倒的に多いからです。

彼らはみな本業で忙しいでしょう。本業で忙しい中で、やれ空き室だの、やれ部屋に不備があるだの、修理が必要だの、収益性がおちているだのを考えないといけないとしたら・・・

 

大変じゃないですか?

 

「不動産業」をがっつり行っていきたいのなら、いいでしょう。

大家さんとして、部屋をデザインしたり、業者にいっぱいおまけをつけて賃貸付けをしたり、キャンペーンを考えたり・・・

 

あなたはできますか?忙しい中で、やったこともないことが沢山のっかかってきます。心休まらない日々が続くかもしれません。

 

だから、私は忙しいサラリーマン・OLさんには「不動産投資」をお勧めしています。

 

不動産投資になる条件としては、ほったらかしにできる、安定・安心した家賃収入が入ってくる、賃貸付けが簡単などです。

 

実際、私は毎月記帳するだけで日々の生活が回っています。社会人になってすぐに不動産投資を始めて、現在4年目になりますが、管理がとても楽です。

 

空き室が出ても、1か月以内にすぐに次の入居者がきまってしまう(閑散時期であっても!)

基本的に毎月自分のお金を持ち出さなくてもうまく回っている。

 

現在、2億の不動産資産を所持していますが、私が投資している物件はすべて都心の新築ワンルームです。

 

叩かれることが多い新築ワンルームマンション投資ですが、私が行っている手法は忙しい皆さんにとってはかなりメリットのある投資手法です。

不動産投資に関しては本当にほったらかしです。

ただし、目に見える収入性としては高くはありません。しかし、メリットはかなりあります。

 

そして、何よりも、私の10-20年後の未来は盤石な経済地盤が構築できているのが予想できます。

 

不動産投資を手取り収入が月何十万とか、利回りが高いとかなんとかどうでもいいです。

 

将来にわたり、自分の子供・孫の代にまで確実に残せる本当の資産。私はこれに着目しています。

100年家賃収入を得られたら良くないですか?

 

長期を見据えて堅実に資産構築できるものに私は価値を感じます。

 

ぽっと出で、10年後、20年後に悲惨な目に合う人はたくさん出てくる気がします。

エリアを考慮しない場合はですよ。

不動産業界は魑魅魍魎、悪鬼の潜む世界です。

 

私はそういうものをしり目に、未来永劫資産になりうるものを購入していきますし、紹介していきます。

 

今回はこの辺で。

また不動産投資のメリットについてはどんどんお伝えしていきますね☆

 

ドクターパートナーシップ

 

 

 

 

 

 

 

日本経済を振り返ってみたけど、格差社会まっしぐらですよ?

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は、日本経済の経過を振り返ってみましょう。

今後、驚くべきほどの格差社会へ向かっていきます。

資産を持つものと資産を持たない低収入のものへと。

日本の総中流社会という幻想がぶち壊されていくフェーズに入っていきます。

これはあらがうことのできない流れになっています。

 

流れにのって資産を創るか、流れにのらず、気付いたら御自身の環境が変わっていくのにふと気付いて絶望するか。

 

あなたはどちらを選びますか?

 

今後の日本は、何もしなければ、知らず知らずのうちに資産が目減りし、とんでもない格差が生まれていくと私は読んでいます。

是非とも私が話すことをしっかり考えてもらいたいと思います。

 

ではこれまでの経過を振り返りましょう。

 

日本ではバブル経済の崩壊から、「失われた20年」と言われたデフレ(デフレーション)時代がありました。

デフレとは物価が下がり、物価に対してお金の価値が上がることです。

この時代、株や不動産の価値はどんどん下がっていきました。ここで資産を大きく目減りさせた人も多いことでしょう。

この時代に儲けた人はどういう人だったかというと、投資をせず、現金をコツコツと貯めた人が資産を蓄えました。とくに20代~30代の人はデフレ時代しか知りませんので、貯金が一番安心と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

その後、2012年12月に第二次安倍政権が誕生し、株価や不動産価格は上昇し始めることになりました。

俗に言う、「アベノミクス」の始まりです。

2013年1月に日銀(日本銀行)は物価の上昇率を2%と定め、3月に量的・質的金融緩和を行いました。

2014年10月には追加の金融緩和を実施しました。

これらの影響を受け、2012年11月では9000円前後だった日経平均株価は2015年5月には2万円を超え、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の商業地では2013年1月の時点に比べ地価が高騰しています。

 

この状況は「失われた20年」の物価が下がり続けていたのに対し、物価が上がり、お金の価値が下がる「インフレ時代」の幕開けということを意味します。

 

なぜこうなったのでしょうか?

それは日銀が行なった金融緩和が原因です。

 

「マネタリーベース」という言葉をご存知でしょうか?

日銀の黒田総裁は2013年4月に「マネタリーベースを2年間で2倍にする」と発表しました。これは金融緩和を行い、「お金の供給量を2年間で2倍にする」というものです。

 

マネタリーベースというのは私たちの財布に入っているお札(日本銀行券)と小銭(貨幣)、それから各銀行が日本銀行の口座に預けているお金、これら3つの合計値のことを言います。

 

つまり、マネタリーベース=お札 + 小銭 + 銀行が日銀に預けているお金(日銀当座預金)

 

になります。

具体的に2013年3月の時点では

お札:82兆円

小銭:4.5兆円

日銀当座預金:47兆円

合計で134兆円

 

黒田総裁は2年間(2015年まで)で270兆円まで増やすと発表したのです。

そして、実際どうなったかというと、

2014年1月で201兆円

2015年1月では270兆円を突破し、

2015年7月では320兆円を超えました。

 

その時点で、市中(私たちのところ)に出回っているお金(お札と小銭)は11兆円くらい増えましたので、市中に出回っているお金は1割以上も増えたわけです。

 

2013年から2015年にかけて、あなたの貯金は1割増えましたか?

増えていなければ、あなたの資産はその時点ですでに目減りしていますよ?

相対的にお金の量からみてみたら。

1割増えて現状維持、という状態ですね。

お金の出回る量以上に資産が増えていないと、相対的には資産は減っているということですから。

 

現在はどうなっているかというと

2017年1月の時点で、

お札:102兆円

小銭:あまり増えていない

日銀当座預金:437兆円

 

これってやばくないですか??

アベノミクスが始まったときは、

お札82兆円

日銀当座預金47兆円

だったわけですよ。

 

お札は25%増えていて、

銀行が日銀に預けているお金は300兆円増えて、3.2倍になっているわけですから。

 

日本のお金の総量は3倍以上に増えているんです。この4年間で!

 

そして、2013年4月の時は1ドル92年だったのが、2016年には120円を突破し、今は110円前後を推移しています。

 

このことは何を意味するか?

2011年前後の時は日本の借金が1000兆円を超えて、国家破産(デフォルト)する、預金封鎖が起こるかもしれないから海外にお金を移転するという話が盛んに飛び交っていたのを覚えていますか?

テレビでも池上彰さんが特番を組んでいましたよね。

 

それは円高になっていたために、「円建て」の負債がどんどん雪だるま式に増えていったことから、このままでは日本は破産すると騒がれたのでした。

ちなみに、この時期に海外旅行に行けた人は最高でしたよね?

円高で円の価値がものすごく高い時期だったので、海外では現地貨幣と高いレートで交換できましたから。

 

今はどうでしょうか?

日銀が金融緩和を行い、ジャブジャブお金を刷ることによって、お金がたくさん生まれました。

すると、円高(円の価値が高い)が円安(円の価値が低い)に振れて、今の状態になったわけです。

 

円建ての借金は当然価値が低くなりますよね?

円安になることで、ドル換算でみれば日本の財務は改善されたわけですから。

 

具体的には下記の通りです。

1ドル75円の時の借金は991兆円あったのですが、それは13.2兆ドルの借金があるということです。

1ドル115円の時に日本の借金は1066兆円ありましたが、ドル換算では、9.26兆ドルの借金に目減りしたということになります。

実にアベノミクスにおいて、日本の借金は30%改善したということになります。

 

これが国の国策です。

円を沢山刷ることによって、円の価値を相対的に下げ、借金を目減りさせることができたのです。

日本の国策の通りにこのまま進んでいくと考えれば、将来的に今の1000万は500万の価値しかないという恐ろしい事態になるでしょう。

 

知らず知らずのうちにあなたの資産は目減りしています。

あなたのファイナンシャルリテラシーのなさが、あなた自身だけでなく、あなたの家族、あなたの子孫にも悪影響を及ぼすのです。

 

預金も投資ですよ。銀行に貸し付けて、運用してもらい、利息をもらうのですから。

預金もリスクがあります。預けているお金が紙くずになるかもしれないのですから。

 

資産形成には結果の不確実性というリスクが必ずついてきます

株・保険・不動産・投資信託などすべての投資商品にリスクは存在します。

リスクヘッジをすれば、比較的低リスクで資産形成ができます。

もし資産形成をしなければ、将来待つのは「選択肢の少ない人生」になります。

 

リスクには2種類あります。

予期できるリスクと予期できないリスクです。

予期できるリスクによる損失は予想範囲内の出来事なのでさほど大きな問題ではありません。

予期できないリスクによる損失は予想していなかった出来事なので、致命的な損失になることがあります。

 

しかし、予期できないリスクは各々の無知から生まれてくるものなのです。

知識を深め、資産形成にチャレンジして経験し、実績を積むことで予期できないリスクは減っていきます。

 

私は収入も含め、年々資産を増やしています。

自分と家族の生活を守るため、真剣にがむしゃらに資産形成をしないと、格差が広がっていくとヒシヒシと感じているからです。

 

日本人の皆さんには、この記事にあてはまる人が多いのではないでしょうか?

玉石混交の情報があふれるこの時代、しっかりと現状が分かって、将来を見据えて投資している人から話を聞かないと迷走しますよ。

 

私でよければ、無料で財務の相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

産婦人科医として生と死をみつめてきた立場から、資産形成のお手伝いができると思います。

世の中に閉塞感をもっている方が多いと聞きますが、私は常に未来のために今を精一杯生きています。

なので、非常にご機嫌に楽しく生きています。

是非お話する機会があればよろしくお願いいたします。

 

本日もありがとうございました。

 

ドクターパートナーシップ

年金受給資格期間10年に短縮!  わかりやすい2017年度新予算案解説 

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

発表された新予算案の事業はどんな目玉かご存知ですか??

yosan.png

奨学金が給付型奨学金になるやら保育士・介護職の処遇が改善するなど言われていますが

注目してほしいのは

年金受給資格期間が25年から10年に短縮されるというところです。

もともと日本という国は25年間年金保険料を納めないと

1円も年金がもらえない仕組みなんです。

しかし、年金受給に必要だった保険料の最低納付期間の25年というハードルがあまりにも高くて、

年金保険料を支払うのはナンセンスだという風潮が強くなってきたので

最低納付期間を10年にしてハードルをかなり下げることで、

問題とされていた年金保険料の不払いに歯止めをかけようということですね。

政府側の表側の意図としては

無年金者を救う!

ということですね。

日経新聞を参照すると

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H4R_W6A111C1EAF000/

↓↓↓↓↓↓

2016年11月16日に参院本会議で、改正年金機能強化法が全会一致で可決、成立された。

年金の受給資格を得るために必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮するというもの。

来年10月から約64万人が新たに年金を受けられるようになる見通し。

新たに受給できるようになるのは、保険料を払った期間が10年以上25年未満の人。受給期間は保険料を納めた期間や免除された期間を合計する。無年金の人の救済につながるが、過去にさかのぼって受け取ることはできない。

年金額は保険料の納付期間に応じて増える。国民年金の場合、加入期間が10年で月約1万6千円、20年で約3万2千円。40年で満額の約6万5千円と比べて支給額は低い。

今回の対策は、2015年10月に予定していた消費税率10%への引き上げと同時に実施する予定だったが、安倍政権による増税延期に伴い先延ばしされていた。ただ、受給資格期間を10年に短くしても約26万人が無年金のままだという。


この法律によって

保険料の支払いが今まで25年に満たなくて、年金を受給できなかった方々が

10年支払うことによって年金を受給することができるようになり、

新しく64万人が年金を受給できるようになる

だから皆さん、年金保険料を支払いましょう!

という話ですが、

10年の保険料支払いで年金が受給できるんだ!!

と喜んではいけません。

10年納めてももらえる年金額は月額約16000円です。

これまでは最低納付期間の25年間で約4万円に比べると、期間相当の金額です。

しかし、たったこれだけです。

16000円もらって、高齢者は一体生活できるのでしょうか??

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yko85_monitamiruzangyouol20131019

この法律の裏側の意図を解説いたします。

もともと25年間の納付ができなくて年金受給が出来ない人は

1円も年金がもらえないので、

将来的に生活保護をもらいやすいわけなんです。

生活保護は基本的には、国税です。
生活保護費の75%は国庫負担金として自治体に交付されるものです

これが10年に短縮されたら、

政府側は国庫の生活保護財源を切り崩さずして、

年金の方の財源を突っ込めます。

つまり、将来的に生活が困苦して生活保護を受けたい!という人が来ても、

年金16000円の受給があるために生活保護の受給が断られる可能性があるわけです。

生活保護受給の条件は

① 今現在手持ちのお金がわずかな状態で、生活に困窮していること

② すぐに現金化が可能な資産を持っていないこと

と言われており、

例えば、

東京23区の場合、単身世帯に支給される保護費はおおむね1か月あたり13万円程度。

あなたが現在働いていない場合、今の手持ち残額で1か月間の生活ができるかがポイントとなります。

16000円の年金があるために、手持ち残額が多少足りなくても、

働けば何とかなりますよね?

と言われて終わりです。

16000円をもらうくらいなら生活保護を受ける方がいいのではと言う人が将来的にでてくるでしょう。

この改正された法律は生活保護の受給を回避するための意図があると思われます。

日本は「過保護な国」をやめる方向にどんどんシフトしていっています。

あなたは自分の身は自分で守らなければならない。

自分の家族を自分の手で守らなければならない。

将来の年金の代わりになるものを今から創っていきましょう。

私も少しでも優良な情報を提供していきます。

 

ドクターパートナーシップ