どうなるにっぽん?? 金融政策決定会合

こんにちは。

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

おくればせながら

2016.12.20に行われた、金融政策決定会合における

日銀の発表を振り返りたいと思います。

その当日は投資家のみなが動向を見守っておりました。

c0fan06usaaw7fu

nitiginmae

日銀決定会合の結果公表の前ですが、相場はこう着していました。

日経平均、円相場とも前日比でほとんど動いていません。

日銀が公表した内容は以下のようなものでした。

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k161220a.pdf

1.日本銀行は、本日、政策委員会・金融政策決定会合において、以下のとおり決定 した。

(1)長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)(賛成7反対2)

次回金融政策決定会合までの金融市場調節方針は、以下のとおりとする。

短期金利:日本銀行当座預金のうち政策金利残高に▲0.1%のマイナス金利を 適用する。

長期金利:10 年物国債金利がゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買入れを 行う。

買入れ額については、概ね現状程度の買入れペース(保有残高の増 加額年間約 80 兆円)をめどとしつつ、金利操作方針を実現するよう運営す る。

→→→ マイナス金利維持、長期金利10年物国債金利0%。

日本の金利は政府がどうしても上げない方針になっています。

日本の国債で運用している商品はどうあがいても利益率の高い運用はできませんね><

政府がテコ入れして金利を抑えてくれているので、

住宅ローン・不動産の融資ローンはこのまま低いままで行きますね!

またイールドカーブコントロールについてはゆっくり記事に書きます。

(2)資産買入れ方針(賛成7反対2)

長期国債以外の資産の買入れについては、以下のとおりとする。

① ETFおよびJ-REITについて、保有残高が、それぞれ年間約6兆円、 年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行う。

② CP等、社債等について、それぞれ約 2.2 兆円、約 3.2 兆円の残高を維持 する。

→→→→

  • ETF: Exchange Traded Funds

証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託のこと。

例えば、TOPIX(東京株価指数)に連動するETFは、

TOPIXの値動きとほぼ同じ値動きをするように運用されます。

つまりこのETFを保有することで、TOPIX全体に投資を行っているのとほぼ同じ効果が得られます。

  • J-REIT: Japan-Real Estate Investment Trust

多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど

複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。

不動産に投資を行いますが、法律上、投資信託の仲間です。

不動産は株式や債権などと比べると流動性が低く、取引価格も分かりにくい傾向にあります。

J-REITは証券取引所に上場し、市場で売買を行うことができるため流動性が確保されています。

日銀がETFの買い入れを増やしていることにより、日本株市場への影響力を強めています。

ETFの保有額から試算した結果、既に主要企業の実質的な大株主・筆頭株主となっているものもあります。

つまり、日銀がETFを買うことにより、株価を買い支え、物価上昇の土台を固めているということです。

2.わが国の景気は、緩やかな回復基調を続けている。

海外経済は、新興国の一部に 弱さが残るものの、緩やかな成長が続いている。

そうしたもとで、輸出は持ち直し ている。

国内需要の面では、企業収益が高水準で推移し、業況感も幾分改善するなかで、

設備投資は緩やかな増加基調にある。

また、雇用・所得環境の着実な改善を背景に、個人消費は底堅く推移しているほか、

住宅投資も持ち直しを続けている。

この間、公共投資は横ばい圏内の動きとなっている。

以上の内外需要の緩やかな増加に加え、在庫調整の進捗を反映して、

鉱工業生産は持ち直している。

わが国の金融環境は、きわめて緩和した状態にある。

物価面では、消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、小幅のマイナスとなっている。

予想物価上昇率は、弱含みの局面が続 いている。

→→→→

大企業が賃金アップを図っており、初任給などがベースアップしている中、

国民の財布は紐は固いままです。

日銀が目指す物価上昇率2%を実現しようとしたら、

国民がお金を使うような状況をつくらないといけないですよね。

賃金アップしていく、物価が上昇していくからお金をつかってもいいや、

と思えるような空気をつくっていくのでしょうか??

日銀のこれからの動向にも目が離せません。

3.先行きのわが国経済は、緩やかな拡大に転じていくとみられる。

国内需要は、き わめて緩和的な金融環境や政府の大型経済対策による財政支出などを背景に、

企業・家計の両部門において所得から支出への前向きの循環メカニズムが持続するも とで、

増加基調をたどると考えられる。

輸出も、海外経済の改善を背景として、基調として緩やかに増加するとみられる。

消費者物価の前年比は、エネルギー価格下落の影響から、

当面小幅のマイナスないし0%程度で推移するとみられるが、

マク ロ的な需給バランスが改善し、中長期的な予想物価上昇率も高まるにつれて、

2% に向けて上昇率を高めていくと考えられる。

→→→→

もともと2014年末には1バレル=100ドル前後だった原油価格が

留まることを知らぬ下落で2016年1月に

あっと言う間に30ドルを切り、2月に入って26ドル台まで落ち込む状況となりました。

こういった外的要因もあり、物価があがらないと日銀はおっしゃっています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

4.リスク要因

中国をはじめとする新興国・資源国の動向、

米国経済の動向やそのもとでの金融政策運営が国際金融市場に及ぼす影響、

英国のEU離脱問題 の帰趨やその影響、

金融セクターを含む欧州債務問題の展開、

地政学的リスクなど が挙げられる。

5.日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する。

消費者物価指数(除く生鮮食品)の前年比上昇率の実績値が安定的に2%を超えるま で、

マネタリーベースの拡大方針を継続する。

今後とも、経済・物価・金融情勢を踏まえ、

「物価安定の目標」に向けたモメンタムを維持するため、必要な政策の調整 を行う。

→→→→

黒田総裁は会見で

「海外金利が上昇するに応じて上昇してもいいとか、操作目標を引き上げるということは全くない」

と強調しました。日米金利差の拡大につながる発言を繰り返しています。

日銀はどうやっても物価上昇・インフレの方向・円安の方向へ持っていきたいのでしょう。

強力に金利を抑え込む姿勢をみせており、

「日米金利差拡大→円安→株高」の構図がさらに鮮明になりそうです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e7%94%bbf%e5%83%8f

今回の日銀の発表のKEY POINTS

01.金融政策は現状維持、景気判断を上方修正

02.黒田総裁は円安について「驚くような水準でない」と発言

03.黒田総裁は長期金利上昇を受けた操作目標の変更を否定

本日もありがとうございました。

何かのお役に立てれば幸いです。

 

ドクターパートナーシップ

 

初めまして!産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

初めまして!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

この度は当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

私は産婦人科医として働きながら、様々な投資を行い、安定資産を築いております。

国内生命保険、海外生命保険、不動産、海外銀行預金を中心に固い地盤を築いています。

私はまだ30代前半の若輩者ですが、いつ亡くなっても家族が一生困らない資産を構築しています。

 

私が亡くなれば、家族に5000万円の生命保険がおり、毎月100万円のリアルな不労収入が家族の元に入ります。

私はアクティブな運用で数百万の大きな損失を出したことがあるので、ディフェンスの金融商品を中心に資産を構築しております。

産婦人科医の収入と経営している会社の収入で資産運用のタネ銭をつくり、円とドルの安定資産に回しております。

 

ここで、産婦人科医でありながら、なぜ会社を経営しているかを少しお伝えします。

私は20代前半から投資活動を行っておりましたので、その楽しさを周りの医師の友人達から伝えていったのでした。そうすると、彼らの意識が変わり、将来に向けての資産形成を開始していったのです。

私も人の意識が変わるのが楽しくて、医師のファイナンシャルプランニングを通して、将来のための安定的な資産形成を他人に伝えるようになりました。

私のクライアントの医師の方々は、若い医師からクリニックの院長先生まで様々です。

医師業以外にファイナンシャルプランニングを行うことで、社会に新しい価値が提供できると確信しましたので、株式会社を立ち上げました。

なので、私は産婦人科医でありながら、会社経営を行い、投資活動を行っております。

家族に一生不安な思いをさせないと誓っておりますので、日々着実に地盤を固め続けています。

そして、「自由で豊かでご機嫌な生活」を目標に今を生きています。

 

今では、買い物の際に躊躇なく高いものを購入することができる安定した生活を送っていますが、

ここに至り着くまでに、極貧の時代も経験しました。

ネズミの出る家に住んだり、昼に塩昆布と白米、夜には肉の無いもやし水炊きを毎日食していました。

 

長くなりますが、ここで自己紹介を兼ねて経歴をお伝え致します。

私は下請け工場を経営をしている両親の元で生まれ育ちました。子供の頃から両親は仕事で忙しく、日々を精一杯生きる姿を見て育ちました。

私が小学校3年生の時に父は1億円の借金をしました。

毎月のお小遣いが500円の子供にとっては非常に恐怖を覚えるものでした。

私は子供の頃から、何があっても家族を食わしていけるようにならないといけないと強く考えていました。

縁あって、小学生の時に医師になりたいと考えるようになったので、勉強で身を立てる道を選びました。

心から親友と呼べる友人のいない暗黒の中学・高校生時代を過ごしましたが、受験勉強を通して切磋琢磨できる友人を得、無事国公立医学部に入学することができました。

ここで念願の医学部に入学しましたが、壁にぶち当たりました。

私の個性を誰も受け入れてくれなかったのです 笑

私には夢と目標がありましたので、大学に入れば互いの夢を応援していく戦友のような仲間がたくさんできると信じていたのですが、同級生・先輩を含め誰も想いを共有できる人がいなかったのです。

あぁ 大学ってこんな感じなんだ・・・

と寂しくなったのを覚えています。

私は個性を殺すことにしました。大学は私の個性を解放する場所ではなかったのです。

当時は医師免許を取るために、個性を押し殺し、画一的な大学生活を送る道を選びました。

多くの医学部生がするように、押し殺した夢を忘れるかのようにひたすら運動をしていました。

そして。私は徐々に夢と可能性を失っていったのでした。

入学前に自分の可能性は無限大であると信じていた少年の心は、

自らを社会の歯車の一員でしかないと卑下する大人の思考に変わっていったのでした。

私の将来の姿は、目の前にいる医師の先生なんだなと自覚することで悲しくなりました。

人生はもっと可能性があってもいいじゃないか、夢があってもいいじゃないか、そんな想いを押し殺したまま日々は過ぎました。

その中で友人に誘われていった街のフリーマーケットで名著「金持ち父さん・貧乏父さん」と巡り合うことができました。

あの感動は一生忘れません。

億万長者というものの存在を知ったのはその時です。

今まで押し殺していた個性が一気に爆発したような衝撃を受けました。

今のままでは自分はダメになると思い、大学でやっていたことを全て断ち、

社会の中で自分の可能性を模索することにしました。

社会は大学の中にはなかった、驚きと感動であふれていました。

自分の可能性を追求する方々にお会いしていく中でやりたいビジネスにめぐり合うことができました。

そして、本気で走り始めたのです。

大学は留年ぎりぎりの出席率と成績で抑え、朝から晩まで成果を出すために走り回りました。

その結果、私は友人関係を崩壊させ、交通事故を起こし死にかけたのです。

2日間徹夜で走り続けると、事故を起こすんだなと思いました。

深夜2時に道路の縁石に真正面からぶつかりました。

当然車は大破しました。深夜の人のいない時間で本当に良かったです。

救急車で運ばれ、夜中に両親が呼ぶ羽目になりました。

その時の両親の気持ちたるや、私では推し量ることのできないほど心配してくれたのでしょう。

それまでの私の経過を知っていたので、心が張り裂けるくらい心配だったに違いありません。

車が大破するような大事故を起こしたのに、優しく私を受け止めてくれた両親には一生頭が下がりません。

それから私は自己を振り返り、ビジネスを辞める選択をしました。

しかし、夢と可能性を忘れたわけではありませんでした。

周囲から友人が去っていっても、変わらずに側にいてくれる両親がいて、友人がいることに気づけたのです。

私は医師になることを再度決意しました。

医師という道を歩き、ビジネスを通して学んだマインドで、医師の新しい領域を切り開くことを決意したのです。

それからは医師国家試験の勉強をしながら、自分の可能性を広げるために自己投資を始めました。

クレジットが限界まで切るのは当たり前でいつも支払いが遅れてカード会社から毎月連絡が来ていました。

お金がなさ過ぎて、家賃3万円のホコリだらけのボロアパートに住み、昼は塩昆布と白米、夜は肉なしのもやし水炊きをポン酢で食べるという生活を繰り返していました。

私生活は極貧でしたが、学生時代の間に10万円以上するセミナーにも何回か足を運び、成功している経営者から学べる機会を増やしていきました。

ビジネスを経験・失敗した自分が目指したのは産婦人科でした。

個人の人生を輝かせる教育を提供したいという思いが残り、それを母親教育として行い、未来の人財(子供)を育てていくことにワクワクし可能性を感じたのです。

その後、成績最下位のところから、晴れて医師国家試験に合格することができました。

医師になってからはそれまで培って来たご縁から投資を始めることになり、今に至ります。

 

 

さて、あなたに問いかけます。

あなたは将来どのように過ごして生きたいとお考えですか?

明確なビジョンがありますか?

 

私にはあります。

私は「自由で豊かでご機嫌な生活」を目指しています。

 

それを実現するためには、まず金銭的に豊かになる必要があります。

金銭的な自由は自分が社会により価値を提供するために必要不可欠です。

社会に夢を与えるために私は金銭的に自由になることが必要だと考えます。

豊かでご機嫌な人生を生きていく上で、私は「気持ちの余裕」が必要不可欠だと考えます。

経済的な安定の上に、「気持ちの余裕」は生まれてきます。

今日食べるパンがないのに、他人に分け与えられる人というのはごく一部の人のみでしょう。

多くの人は今日食べるパンがなければ、争ってでもパンを食べようとするでしょう。

 

しかし、稼げばいいというものでもありません。

私は誰よりも馬力を発揮して働きました。

しかし、体力の限り働いても収入に限界があることに気づいたのです。

これだけ夜を徹して働いても、上限はここまでなんだな・・・

給料を頂いている限り、肉体の限界まで働いても収入に限度がある。

 

そのことに気付いてからは、

如何にして自分の資産を増やしていくか、守っていくかを

真剣に考えました。

 

資産というものは「金の卵を産むニワトリ」のことです。

一度手に入れると、毎月収益を発生させてくれるものです。

資産が生み出すものは、自分の時間とは全く無縁です。

例えば、不動産を持っていれば毎月家賃収入が入って来ます。

株を持っていれば、配当益が出ますよね。株も資産です。

 

そのような資産が積み増してくることで、肉体労働をする時間が減り、

自分の限られた時間を自由に使うことができるようになるのです。

医師も肉体労働です。私が働かないと収益が発生しないからです。

給与を頂くものは全て「自分の時間を切り売りして」時間の対価を頂いているに過ぎないのです。

 

それからの私はどのようにして資産を増やせるかをひたすらに考え、学び、実践しました。

 

「何に投資するか」

この一点を間違えなければ、自分の資産は毎年毎年増えていく。

そう確信したのです。

 

自分の限りある人生の中で、一瞬一瞬の時間を

どこに投資するかで自分の人生は大きく変わる。

 

自分の時間を提供して、収入を得る労働収入を得る

得た収入を銀行に預金する

自分のスキルアップに時間とお金を費やす

ビジネスの構築に精を出す

株にお金を投入し、配当益を得る

不動産を手に入れて、家賃収入を得る

 

これらは全て投資ですよね。

 

私はまず最も価値の高いものに投資しました。

それは「自分への投資」です。

 

有り金全部はたいて自分に投資したこともあります。

極貧の生活を体験もしました。

しかし、「必ず裕福な人生を送る」と誓いながら

日々を生き抜いて来ました。

自分が成長すれば環境が良くなる。

環境が良くなれば人脈が良くなる。

人脈が良くなれば入ってくる情報の質が良くなる。

情報の質が良くなれば自然と選択する行動が良くなる。

行動が良くなれば結果が良くなる。

 

当たり前ですよね。

今は一時期に比べればお金があります。

しかし、まだまだこれからもっと成長し、自己拡大していきます。

もっと豊かな層にアクセスするためには、自分を成長させなければ届かない。

 

もっと自分が成長するためには、

「他者が成功するきっかけになる必要がある」

と考えましたので、このブログを始めました。

 

このブログでは、投資家に必要な優良な情報を提供していこうと思います。

経済の話、お金の話、豊かになるためのマインドの話などなど。

あなたに質問です。

「時間とお金に全くしばられない生活を手に入れたとしたら、何をしますか?」

ビーチでのんびり綺麗なお姉さんでも眺めて過ごしますか?

家族と一緒に大事な時間を、海外のリゾートでゆっくり過ごしますか?

 

私は考えられる限りの楽しいことを

時間とお金にしばられずにどんどんやっていきます。

自由で豊かで最高にご機嫌な人生を生きていく

 

成功の形は人それぞれですが、私の成功している姿はそのような形です。

だから、この先ゴールはありません。

死ぬまで精進し、目標を叶え続けていきます。

少しでもあなたの人生に役立つことができれば幸いです。

 

 

ドクターパートナーシップ

最高にご機嫌に生きる

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

私は医療職をベースとして働きながら、投資で資産を築いております。

出身地は大阪で、趣味は漫画です。

熱くて涙がでる漫画に目がありません。

人生は熱く、充実して生きてなんぼ!

そう思って、懸命に生きている30代の男です。

私が子供時代を過ごしたのは日本のバブル崩壊の真っただ中でした。

親は会社を経営していたので、両親ともに昼も夜もしゃかりき働いていました。

親は世間の不況の荒波にも関わらず、順調に売り上げを積み重ね

私が小学校3年生の時に、こしらえた1億の借金もなんのその。

次々と返済して、子供達を大学まで入れて、無事社会に送りだしました。

そんな親の姿をみて育ったので、働くことに関しては

誰よりも馬力を発揮して働きました。

無限の体力と言われたこともありました。

しかし、体力の限り働いても収入に限界があることに気づいたのです。

これだけ夜を徹して働いても、上限はここまでなんだな・・・

給料を頂いている限り、肉体の限界まで働いても収入に限度がある。

そのことに気付いてからは、

如何にして自分の資産を増やしていくか、守っていくかを

真剣に考えました。

お金をどのような形でまわすことで、自分の限られた時間に関わらず

お金が増えてくれるかをひたすらに考え、学び、実践しました。

至りつく答えは一つでした。

「何に投資するか」

この一点。

自分の限りある人生の中で、一瞬一瞬の時間を

どこに投資するかで自分の人生は大きく変わる。

自分の時間を提供して、収入を得る労働収入を得る

得た収入を銀行に預金する

自分のスキルアップに時間とお金を費やす

ビジネスの構築に精を出す

株・FXにお金を投入し、利益を出す

これら全ては投資ですよね。

私は最も価値の高いものに投資しました。

それは「自分への投資」です。

有り金全部はたいて自分に投資したこともあります。

極貧の生活を体験もしました。

しかし、「必ず裕福な人生を送る」と誓いながら

日々を生き抜いて来ました。

今はそれなりに裕福になりました。

しかし、まだまだこれからもっと成長し、自己拡大していきます。

もっと自分が成長するためには、

「他者が成功するきっかけになる必要がある」

と考えましたので、このブログを始めました。

このブログでは、投資家に必要な優良な情報を提供していこうと思います。

経済の話、お金の話、豊かになるためのマインドの話などなど。

あなたに質問です。

「時間とお金に全くしばられない生活を手に入れたとしたら、何をしますか?」

ビーチでのんびり綺麗なお姉さんでも眺めて過ごしますか?

家族と一緒に大事な時間を、海外のリゾートでゆっくり過ごしますか?

私は考えられる限りの楽しいことを

時間とお金にしばられずにどんどんやっていきます。

最高にご機嫌に人生を生きていく

成功の形は人それぞれですが、私の成功している姿はそのような形です。

だから、この先ゴールはありません。死ぬまでご機嫌に生き続けるために日々精進します。

少しでもあなたの人生に役立つことができれば幸いです。

 

 

ドクターパートナーシップ