「世界で最も信頼される企業ランキング」 から考える「信頼される人」になるための条件!

「世界で最も信頼される企業」ランキング

この記事から「信頼される人」になるための条件を考えてみます☺️

forbes japanより記事紹介

https://forbesjapan.com/articles/detail/18060

フォーブスは10月10日、「世界で最も信頼される企業」ランキングを初めて発表した。
高い信頼を得ている企業のみの名前が挙がるこのリストで、初回の第1位となったのはドイツのコングロマリット、シーメンスだった。

今回初めて作成したこのリストは、最新の「グローバル2000」リストに基づいている。

同リストは58か国の公開企業からなり、各社の売上高の合計は、35兆3000億ドルに上る。

信頼度ランキングの作成にあたり、フォーブスは調査会社スタティスタ(Statista)の協力を得て、
60か国のおよそ1万5000人を対象に調査を実施。「グローバル2000」に名を連ねた各社に対する意見を聞き、結果をまとめた。

主な評価基準は、「信頼性/誠実さ」「社会的行動」「雇用主としての態度」「製品・サービス」などとした。

上位10社は、基本的に全ての基準で評価が平均を上回り、さらに「信頼性/誠実さ」「製品・サービス」で極めて高い評価を受けた企業だ。

以下、「世界で最も信頼される企業」の上位20社を紹介する。

1位: シーメンス/ コングロマリット/ ドイツ
2位: ミシュラン・グループ/ 自動車・トラック部品/ フランス
3位: アルファベット/ コンピューター・関連サービス/ 米国
4位: 任天堂/ 家庭用レジャー機器/ 日本
5位: ウォルトディズニー/ 放送・ケーブルテレビ/ 米国
6位: カールスバーグ/ 飲料/ デンマーク
7位: アップル/ コンピューター・ハードウェア/ 米国
8位: フェラーリ/ ─ /イタリア
9位: ヒルトン/ ホテル・モーテル/ 米国
10位: パナソニック/ 家庭用電化製品/ 日本
11位: マリオット・インターナショナル/ ホテル・モーテル/ 米国
12位: アディダス/ アパレル・アクセサリー/ ドイツ
13位: トヨタ自動車/ 自動車・トラック製造/ 日本
14位: LGエレクトロニクス/ 家庭用電化製品/ 韓国
15位: ネットフリックス/ 通信・小売/ 米国
16位: マイクロソフト/ ソフトウェア・プログラミング/ 米国
17位: SAP/ ソフトウェア・プログラミング/ ドイツ
18位: ギーベリッツ/ 建設資材/ スイス
19位: IBM/ コンピューター・関連サービス/ 米国
20位: ボルボ・グループ/ 重機/ スウェーデン

シーメンスはエコーでお世話になってますね◎
アルファベットはグーグルの親会社。
任天堂はなんでなんだろ?
でも任天堂のゲームのおかげで、楽しい時代を過ごせたのは事実
世界では安定的に求められているやね。

パナソニックは世界でも信頼されているやね。

今回の記事で注目したところは

「信頼性/誠実さ」「製品・サービス」で極めて高い評価を受けた企業だ

ここやね。

世界で信頼される企業はこのことにかなり注力しているんじゃないでしょうか。

至極当たり前のことですが、

顧客に対して「信頼される」「誠実である」行動をとるというのはもちろんのこと、

自身が提供する「製品」「サービス」の価値を高くすることが信頼される人の条件になるんだと思います。

気が緩めば、楽な方向に行ってしまうのが人間というもの。

自身を律し、常に自己研鑽し、一時的な満足だけでなく、末長くお付き合いしていけるようなサービスを提供する。

このことを当たり前にやっていくためには、常に自己を振り返り、学び続けなければならない。

熱意がなければ、一生涯学び続けるのは無理。
心がなければ、人に誠意を持って接するのは無理。

どれも一朝一夕ではできない。

焦らず、将来の果実を楽しみに、苗を育てる気持ちで進む必要がある。

一時的なものはすぐに朽ちる。
まずは深く太く大地を這う根っこを育てる。

そこにはどんな困難にも負けない大樹が育つことでしょう。

1億を稼ぐ方法

こんにちは!

産婦人科医FPのドクターパートナーシップです。

 

今日は1億を稼ぐ方法について、そりゃあそうだなという方法について学びましたのでシェアします。

 

ウォール街でバリバリ金融屋さんとして活躍されていた投資のプロからお聞きした話なので、かなり有意義でした。

 

すごく当たり前の話ですが、それを必要としている人の元にしか「そのもの」はやってきません。

 

あなたは言うかもしれません。「今の現状は私が思い描いたものではない」と。

 

しかし、冷静になって振り返ってみてください。

自分の子供の頃から今まで生きてきた道を振り返ってみて今一度考えてみてください。

 

具体的に問いましょう。

「あなたは今から10年前に、10年後のあなたが何をしているか、どんな生活をしているかを想像したことがありますか?」

 

ほとんどの人は具体的に考えたことがないはずです。

考えていれば、今のあなたの不満な現状ではないはずですから。

 

私の周りを見渡してみてもそうです。

考えていることが曖昧すぎて、漠然とした未来しかイメージしていません。

 

考えていないということは、未来は今の延長線上にしかなく、今の惰性を続けた未来しか有りえないということです。

 

突然、白馬の王子様がやってきて、玉の輿に乗れるとか、

ある日突然金が降ってきたなんてことは有りえないわけです。

 

なぜか?

 

それは「求めていない」からです。

強く求めてないからです。

今のあなたの思考の現状しか目の前に広がりません。

 

あなたは否定するかもしれませんが、あなたの望むものしか目の前に広がっていないのです。

あなたの今は、「あなたの過去がイメージしたあなた」でしか有りえません。

 

今一度、振り返ってみてください。

あなたが10年前何を考えていたのか、あなたが5年前何を考えていたのか。

 

結果を出している人に聞いてみてください。

「あなたは過去に何をイメージしていましたか?」と。

大なり小なり今に繋がるものをイメージしているはずです。

 

あなたが思考することでしか、あなたの世界は拡大しません。

あなたの成長・発展はあなたの思考の精度と具体性次第なのです。

 

私がウォール街の金融屋さんからお話頂いたことは、誠にその通りなのですが真実です。

 

「1億を稼ぐ人は、1億を必要としている人だ」

 

そりゃあそうだと思いました。

 

そして、「全ては実体に収束する」

ともおっしゃっていました。

 

仮にあなたが仮想通貨や宝くじで大金を手にしたとしましょう。

あなたの実体が伴っていなければ、今のあなたの現実に収束します。

 

どういうことか?

元に戻ります。元の現状に戻ります。

むしろ、中途半端にお金を手にいれてしまって、金銭感覚が狂ってしまうと悲惨な末路になります。

 

偶然手にした力を扱いきれなければ、失うだけです。

自分の実体を近づけていかないと意味がありません。

 

だから、1億円を稼ぎたい人は、1億円を手に入れて具体的に何をしたいのか明確に持つ必要あります。

1億円稼ぎたいと言っている人に具体的に何をしたいのか問いかけても何も返ってきません。

なんとなく稼げたらいいな、くらいにしか考えていないのです。

 

イメージはなんでもいいと思います。

いい車が欲しい、いい女をはべらしたい、いい時計が欲しい、いい家に住みたい

会社をやめて、好きなビジネスで生きていきたい、社会貢献したい・・・

本当になんでもいいです。

 

それを強く願うかどうかです。

モチベーションなんて関係ないと思います。

必要なら淡々とやっていくからです。

 

試験勉強を思い出してください。

試験に受からないと前に進めないのであれば、やるでしょう。普通。

一緒です。

 

私もまだ1億を稼ぐための準備中です。

だから、私もまだまだです。

しかし、ロードマップをひいています。

遅かれ早かれたどり着きます。

 

1億を手に入れたらやることは明確に決めています。

1億はステップにしかすぎません。

その先に手に入れたいものがあるから、お金が欲しいはずです。

お金の先にあるもの。

それがあなたの欲しいもののはずですよね?

 

具体的に考えましょう。

未来を想像しましょう。

頭が熱くなって、いかれるくらい考えましょう。

それが始まりです。

 

本日もありがとうございました。

ドクターパートナーシップ