【相手にもたれかかりたくなったときは執着を手放して、ただ信頼しよう】

こんにちは!ドクターパートナーシップです☺️
世間は3連休。僕はしゃかりき働いています!
今日は
【相手にもたれかかりたくなったときは執着を手放して、ただ信頼しよう】
の話をします。
嫁さんが数日間の東京出張から帰ってきました◎
また一段とワクワクしたことを経験して、楽しそうだ☺️
嫁さんが自由でイキイキと日々を過ごしてくれるのが嬉しい。
 
世間ではパートナーが自由に何かをしたりするのが不安に思う人もいるようです。
 
パートナーが自分の知らないどこかに行ってしまうのではないだろうか、と考えてしまっているのかもしれません。
 
それをパートナーにもたれかかっている状態と表現してみます。
 
もし少しでも自分にそのような気持ちがあるかも、という人に伝えたいことがあります。
 
あなたがパートナーにもたれかかりたい気分の時に一番怖いのは、自分が必要としているその人と手を繋いでいるのを手放すことではないでしょうか?
 
しかし、実はこれこそ関係がうまくいく秘訣なのです。
 
相手への執着を手放した時、あなたの魅力が増し、二人の関係はひとつ上のレベルに上がります。
 
執着を手放すたび、その関係には新たなつながりとロマンスが生まれます。
 
相手に頼ろうとすればするほど、あなたの魅力はだんだん失われます。
 
その上、パートナーにとって、あなたがどんどん重荷になり、これではまるで、片方で相手を捕まえようとしながら、もう一方で相手を遠くへ押しやっているようなものです。
 
あなたがパートナーシップを本当に尊重したければ、すすんで執着を手放しましょう。
 
依存的になることは自分で自分の足を引っ張るようなものです。
 
それは相手を受け止められずに、むしろ相手から可能性を奪おうとすることです。
 
僕も以前、パートナーが何をしているのか不安になる時期がありました。
 
「一体何をやっているんだろう?」
 
自分の知らない世界に相手が飛び立とうとするのは残される側は不安になるものです。
 
しかし、飛び立っても、また帰ってくることに気づいてください。
 
そして、とてもイキイキとした顔で帰ってくるのです。
 
相手が笑顔で楽しそうなら、きっとそれはいいことなのでしょう。
 
自分の相手への執着が原因で、相手の可能性の幅を狭めたとしましょう。
 
相手が本来持っているイキイキとした成長したい!向上したい!というエネルギーを自分が阻害してしまったとしたら、相手はこんなにもいい笑顔はしてくれないでしょう。
 
もし、相手がそのまま飛び立ったまま帰ってこなければ・・・
そのときはそのとき。自分を振り返ってみましょう笑
 
 
まず、あなたの両手を空っぽにしてください。
 
すると、もっと素晴らしいものがやってきます。
 
あなたが必要としなくなった時、それが与えられ、初めて受け取ることができるのです。
 
信頼しようという意志があなたを前に進ませてくれるはずです。
 
PS
写真は嫁のいないうちに食べた脂っこい餃子。最高😍

【支配したいという欲求は、恐れから生まれる】

こんばんは!ドクターパートナーシップです。
今日は【支配したいという欲求は、恐れから生まれる】という話をします。
 
僕は昔、相手の行動を支配しようとしていた時期がある。
 
相手にあれこれして欲しいという本音があり、相手のモチベーションをあげるためという名目で相手の行動を管理しようとした。
 
結果、プレッシャーをかけすぎて、相手を焦がし、自分から人が去っていった。
 
どうして、そんなことになったのだろうか。
 
結局、自分は怖かったのだと思う。
 
自分がやっていることは間違いではないと正当化するために武装して人の行動を管理することで、他人が一緒に行動してくれるように仕向けた。
 
それは全て自分が色々なものを失うことの恐れがあったんだなと今なら思える。
 
 
あなたは今までこのような経験はなかったですか?
 
支配したいという欲求をどうすれば解消できるのか考えていきましょう。
 
誰かを支配しようとするとき、多分その人の心の中には、怖がっている子供が住んでいるのです。
 
誰かがあなたを支配しようとしているときは、こんな風に考えてみてください。
 
もし、その人があなたのそばで怖がって震えている子供だとしたら、その子にどんな風に接してあげるでしょうか?
 
あなたはその子が必要としているものを与えてください。
 
安心させ、援助してあげることで、あなたの方も相手から抑圧されたという気分にならずに済むことでしょう。
 
僕の中には昔、人が去っていくことが怖かった子供がいたんだと思います。
だからこそ、圧力をかけて人の行動を支配しようとしていたのだと思います。
 
今はある程度安定した生活があり、嫁さんが側にいてくれることで、心も穏やかでいることができているので、そのような子供がむくむくと出てくることは少なくなっているのかなと思います。
 
経済的な地盤とパートナーシップが満たされると、安心できるので、落ち着いたのかなと思います。
 
 
あなたが誰かを支配しようとしているときは、あなたの中に恐れを感じている小さな子供がいるのです。
 
相手の人に、「自分が何を怖れているのか」を伝えてみてはいかがでしょうか?
 
コミュニケーションし、手を差し伸べ、受け入れることによって、怖れは癒されます。
 
それは相手にとっても、素晴らしい贈り物になることでしょう。
 
自分が支配しようとしている、支配されようとしているときに、怖れを感じる小さな子供がいないかどうかみてみてください。
 
何かのヒントになれば幸いです☺️
 
PS 
写真のご飯
嫁さんが健康を守るために気を遣ってくれています◎
Thanks!!

【拒絶されたと感じるのは、何かをもらおうとしているときだけ】

こんばんは!ドクターパートナーシップです。

 

あなたは、相手に何か良いことをした時に思ったような反応が返ってこなくて、傷ついたり、残念だったり、悲しくなったことはないでしょうか?

僕もよくありました。

なぜそのような気持ちになってしまうのでしょうか?

あなたが傷つけられたとか拒絶されたと感じるのは、何か「してあげている」ふりをしながら、実は密かに相手から何かを「もらおう」としているからです。

相手のためと思ってやっていながら、実は見返りを求める自分がいたということです。

非常に不躾なことを言って大変申し訳ありません。
でも、これは自分のことに当てはめると、とても思い当たる節があるから、正直に申しています。

あなたが傷つけられたとか拒絶されたと思った時に、自分自身に聞いてみましょう。

「私はどんな風に、あの人にしてあげるふりをしながら、実は何かをもらおうとしていたのだろうか」と。

あなたが何も要求していなければ、誰もあなたを拒むことはできません。

だって見返りを求めず、ただ与えているだけなのですから。
相手がどのように反応しようと自分は自分のやりたいようにやっているのであれば、相手の反応は気にならなくないですか?

ちょうど、募金箱に誰かのためになることを願って募金するような感じに似ていませんか?

募金箱の中身がそのあとどこに行ったかはわかりませんよね。
でも、きっとどこかで誰かのためになっているのかなと思っているくらいで、その結果を教えろ!とはならないですよね。

あなたが前に向かって進もうとする時、人に与えることであなた自身が満ち足りていれば、押しやられることはありません。

そんな見返りを求めないあなたには、誰も抵抗できないからです。

そして、欲求を満たすために自分のやり方を押し通そうとしなければ、相手がどんな振る舞いをしようが、あなたにとって全く何の問題にもなりません。

ただ与えることによって愛したい、というのがあなたの望みであれば、それを止めたり拒絶したりできる人は誰もいないのです。

「やりたくてやっている」
そんなあなたには誰も何も言えませんよね。

「これやるから、代わりにあれ頂戴ね」
そのような精神でやった場合、うまくいけば良いですが、
相手が思ったようなことをしてくれない場合、傷ついてしまうのです。

その時にあなたはこう思うのです。
「相手が悪い」と。
「私はやってあげたのに、相手は何も返してくれない」と。

そう思ってしまうと気分も台無しです。

相手が何かしてくれると期待して、自分が与えるということを繰り返していくと、相手が満足な反応をしてくれない度に、自分が傷ついていくのです。

だから、初めから、「ただ与えること」に注力する。
相手の見返りを期待しない。
募金箱に募金するかのように与える。
その上で、与えることで「愛する」ということができれば、
自分は傷つくことはないし、相手には愛を与えることができるし、最強ですよね☺️

いきなりすることは中々難しいことなのかもしれませんが、できるようになればもっと楽しく相手と過ごしていけるのではないでしょうか^^

PS
本日のデザート:31アイスクリーム😍